背中ニキビが痛かゆい!ニキビの原因を徹底解説!有効な対策はコレ!

背中ニキビが痛かゆい!ニキビの原因を徹底解説!有効な対策はコレ!

背中ニキビって、なかなか自分では発見しにくいため、気が付いたら悪化していることが多いのはご存知ですか?

服が擦れたり、寄りかかった時に、「痛っ!」となり、驚いて鏡に向かって体をひねってみると、真っ赤なニキビが・・・なんてことも。

また、かゆくなって触ったら、背中がザラザラでビックリ!という経験はありませんか?

背中は電車の中などでも意外にも見られている場所ですし、ウエディングドレスを着る予定の方には深刻な悩みでもあります。

今回は背中ニキビの原因と対策方法を解説します!

【スポンサードリンク】

背中ニキビが痛いのは炎症しているから

痛いと感じてしまったら、そのニキビはかなり悪化してしまっています。

白ニキビあたりで治してしまいたかったけれど、気が付かなかったのだから仕方ありませんね。

こうなったら、薬の力を借りましょう。

市販薬だと、「ドルマイシン」、「オロナインH軟膏」がおすすめです。

ドルマイシンは抗生物質が入っているため、悪さをしているアクネ菌や、マラセチア菌を退治してくれます。

また、ヤケドや擦り傷の化膿にも効きますので、家に1本あると重宝する良い薬ですよ。

オロナインH軟膏は定番ですね、傷にも、肌のお手入れにも使える薬です。

消炎効果や、消毒効果があるため、ニキビ周囲のかゆみも抑えてくれます。

赤ニキビが、背中一面にできていたり、掻き壊してしまっていたら、皮膚科に行って治しましょう。

ニキビが痛みのある状態になったのなら、絶対してはいけないのが、触ること!

気になりますが、そこはグッと我慢しましょう、触るとさらに悪化し、大きな跡が残ってしまいます。

ニキビがかゆいなら、原因は肌の乾燥!

ニキビには、かゆみを引き起こす原因はないのです。

そのため、かゆいのは、ニキビの周囲と言うこと。

そして、この場合、ニキビができた原因も乾燥です。

皮膚が乾燥すると、角質層がめくりあがり、毛穴が細くなってしまい、皮脂が詰まりやすくなるのです。

ニキビ原因のアクネ菌やマラセチア菌は、毛穴に詰まった皮脂が大好物なので、繁殖してしまうのです。

また、掻くことで、傷になり、炎症を起こし、悪化の一途を辿ります。

日頃から、オロナインH軟膏を塗るなど、乾燥をふせぐようにしないと、一度治しても、またすぐに出来てしまいますよ。

【スポンサードリンク】

ニキビが出来る原因要素はいくつもある?

ニキビが出来る原因は、「乾燥」がありますが、そのほかにもいくつかあります。

まずは、シャンプーなどの洗剤が体に残っていること。

頭を洗うと、シャンプーやコンディショナーが流れ落ちるため、背中はその間ずーっと洗剤にさらされていますね。

その後、背中を入念に流す人は少なく、意外とタップリ付いたままだと思ったほうが良いです。

そのため、シャワーで流したあと、湯船に入ることをお勧めします。

忙しい毎日を過ごしていると、ついついシャワーで済ませがちですが、湯船には、殺菌効果もあるため、
せめて、週に数回は、湯船に浸かるようにしてみてはいかがでしょうか。

また、睡眠不足やストレスからの、ホルモンバランスの崩れから「男性ホルモンの過剰分泌」が起こり、
ニキビができると言われています。

男性ホルモンは、角質を固くする作用があるため、通常の周期で剥がれ落ちず、古い角質が残ったままになります。

さらに、皮脂分泌を促進し、毛穴の縮小、角栓など、ニキビ原因のアクネ菌やマラセチア菌にとって、うれしい環境を作り上げてしまうのです。

背中ニキビを作らないようにするには、まずは清潔にすること、そして背中を乾燥させないこと、そしてタップリ寝ることです。

まずは今の生活習慣から見直して、ニキビのないつるつる背中を手に入れましょう!

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

seventeen − 2 =