白湯ダイエットの効果や飲み方は朝・寝る前?美容効果も!

白湯ダイエットの効果や飲み方は朝・寝る前?美容効果も!

白湯ダイエットは、最近良く聞きますね。

でも、これは大変古くからある健康法なんですよ。

まだ、美味しくて安全な井戸水で生活していた時代からあり、塩素で消毒している水道水の時代になってから、一度やらなくなり、ミネラルウオーターやウォーターサーバが普及した今、再び話題になってきました。

今回は、白湯の効果や飲み方、飲むタイミングを調べてみました。

【スポンサードリンク】

白湯ダイエットの効果とは?

白湯=さゆと読みます。

白湯とは、一度沸騰させた水を冷まして、温くなったお湯のことです。

昔は沸騰させれば、ほとんどの菌が死滅したため、大変体に良い水分になったのです。

この、体に良い水分とはどんなことなのでしょうか。

1.脂肪燃焼効果

・温かい飲み物を飲むことで、代謝が良くなります。(体温が1度上がることで、代謝は12%upします。)

2.デトックス効果

・良いものを入れて、悪いものを出すと言う、入れ替わり作用で、毒素、老廃物を排出します。(ニキビや吹き出物を消します。)

3.便秘解消

・温かい水分により、腹部が温められて、十分な水分とともに、排出を促します。

4.むくみ解消

・水分をタイミング良く取り入れることで、むくみを解消します。

白湯ダイエットの飲み方は朝?寝る前?

まずは白湯を準備するわけですが、これは、ミネラルウオーターを購入しているか、自宅で作っている人、ウォーターサーバを契約している人にしか出来ません。

と言うか、水道水を沸騰させて冷ましたものでは、塩素などの消毒がしてあり、毎日摂ることを考えると、不安が多すぎるのです。

ミネラルウォーターの場合、レンジで1分半くらい温めます。

または、一度沸かせてから、50℃くらいに冷ましたものを準備します。

一番簡単なのは、ウォーターサーバを契約している場合です。

これは、お湯と水をうまく入れて、50℃前後に調節するだけです。

用意するのは、1日分で800mlです。

それを、朝起きて最初にお腹に入れるものとして200ml、昼食と一緒に300ml、夜ごはんの前に200ml、そして寝る前に100mlを飲みます。

それぞれ、10分くらいかけて、ゆっくり体に浸みこませます。

寝る前の白湯は、少し温かめにしましょう。

ポカポカすることで、副交感神経を刺激し、良い眠りにつけます。

保温したミネラルウォーターの場合は、レンジで少し温め直すと良いですよ。

【スポンサードリンク】

白湯ダイエットで女性にうれしい美肌効果も!

定期的に白湯を取り入れることで、新陳代謝を促し、血行が良くなると、お肌に潤いが戻ってきます。

お肌の潤いが、ターンオーバーを促し、皮膚が再生するのです。

ニキビや吹き出物など、悪いものを排出するため、丁寧に洗顔し、肌に汚れが残らないように気を付けましょう。

白湯ダイエットは、1週間で効果が出始める人と、1か月くらいかかる人など、個人差が大きいです。

でも、1か月で5Kgも落ちた人もいますよ。

冷ましたお湯を飲むだけで、5Kgも体重が落ちたら、かなりうれしい効果ですよね。

温かく、糖質もカロリーもない飲み物を体内に取り入れるのに、悪い要素はまったくありません。

一度始めたら、習慣になるまで、続けましょう。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

three × 3 =