カンガルー肉「ルーミート」がダイエットに最適!栄養やお味は?


薄着の季節がやってきましたね。極端な減量を目的としなくても、ダイエットに最適!と聞くと途端に興味が湧いてくる人も多いのではないでしょうか?

そしてダイエットに興味津々女子に嬉しいキーワードといえば「美味しく食べて脂肪燃焼」じゃないですか?「美味しく食べて」がポイントです。

食べて痩せられる「お肉」があるって知ってますか?今世界で注目されている脂肪燃焼効果と筋肉増強効果があると言われているお肉が

カンガルーの肉「ルーミート」なのです!

健康食品、ダイエット関係は結構知っていると思っていた私も初めて聞きました。

「カンガルー?!」とびっくりしますよね。

そんなカンガルー肉「ルーミート」がダイエットに最適な理由と、栄養、そして気になるお味について調べていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

カンガルー肉 ルーミートって?

カンガルーといえば「オーストラリア」ですよね?オーストラリアではカンガルーの事を「ルー」とも呼んでいるそうです。

「ルーミート」と言われても、日本人にはあまりなじみの無いものですが、オーストラリアでは広く一般に浸透しているお肉です。

健康食肉と注目され始めたルーミートは、オーストラリアだけでなく、ドイツやスイスなどヨーロッパでも需要が増え、ヨーロッパへの輸出量が約5000トン以上にもなるほど人気になってきました。

今、健康志向の人が増え、殆どの人が「健康」「ダイエット」という言葉に食いつく時代です。ルーミートは、これから日本でも流行りそうですね!

カンガルー肉 ルーミートがダイエットにいい理由

ルーミートは食肉の中で、断トツ低脂肪で、低コレステロール、さらに低カロリーなんです。

高タンパクという栄養価に対して、なんと脂質は1パーセント未満です。他の一般的なお肉の10分の1の脂質で、カロリーも半分以下なのです。

そしてオーストラリアの大自然で育った野生食肉です。抗生物質や添加物に汚染されていない、世界で最もクリーンなお肉なのです。

また、ダイエットサプリなどでもよく耳にする脂肪燃焼効果が期待できるという「共役リノール酸」が、他の食肉と比べてはるかに多く保有しています。

カンガルー肉 ルーミートの栄養

カンガルー肉が健康に良い肉であるということの一番の注目すべきところは「共役リノール酸」という物質にあります。

この共役リノール酸は、体内の組織に栄養を届けるという大事な役割のある栄養素なのですが、体内で生成されません。そして食品からもなかなか摂りずらいといわれています。

共役リノール酸は、体内の脂質を構成する、ふたつの脂肪酸のそのうちの一つである不飽和脂肪酸の一種です。

不飽和脂肪酸といっても何のことかわからないですよね?「脂肪?」ってなんか悪そうな響きですし…。

しかしこの不飽和脂肪酸というのは「善玉の脂肪」とも呼ばれていて、血中の悪玉コレステロールを抑えてくれたり、体の酸化を抑えてくれるという嬉しい働きがあります。

脂質と活性酸素が結びついて酸化してしまうと、シミやシワが増え、体が衰えていくという「サビた」状態になります。

また現代病である「生活習慣病」が起こる原因にもなりますが、この酸化を抑えてくれるので、共役リノール酸はアンチエイジング効果もばっちりなのです。

もちろん最初にいったような「脂肪燃焼効果」もあります。脂肪を燃焼させてくれるだけでも嬉しい効果なのですが、さらに「筋肉の増強効果」もあります。

ダイエット中や、ダイエット後、何が怖いってリバウンドじゃないですか?やっとの思いで痩せた!なんて喜んじゃうと、あっという間にリバウンドして体重が戻ったり、むしろ前より増えてしまったりします。

カンガルー肉の、共役リノール酸は脂肪を燃焼させてくれた上で、筋肉も増強させてくれるので、この恐ろしいリバウンドの予防にもなるんです。

ただ、糖尿病の方は注意が必要で、共役リノール酸の過剰摂取によって病状を悪化させてしまったという報告もあるそうなので、健康のため!と過剰になってしまうのは禁物です。

【スポンサードリンク】

カンガルー肉ってどんな味?美味しいの?

オーストラリアではメジャーな食肉ですのでそんな不味いってことはなさそうですが、なんとなく臭みとかが気になりますよね?

人それぞれ、味の好みがありますから、口コミを見ても感想は様々です。しかし、調理方法にも寄るかもしれませんが、大半の感想に「あまり臭みを感じない」とありました。

もともと肉好きであれば特に気にならないくらいの臭みなようです。

お店で食べる場合はきっと臭みを取るための工夫だったり、美味しくするための技巧が施されていると思います。

自宅で調理する場合、カンガルー肉は冷凍で購入しますから、正しく解凍して調理すれば、臭みは気にならず、むしろ食べやすく仕上げることができます。

他の食肉でも同じですが、解凍する時に出てしまうドリップが臭みの原因となります。冷蔵庫でゆっくり解凍し、解凍出来たらキッチンペーパーでしっかりと巻いて寝かし、ドリップを吸い取ってから調理にとりかかりましょう。

栄養価が高いということで心の満足度も高くなりそうですね。

見た目はレバーや馬肉のようですが、食感は柔らかく、赤みの牛肉のようです。肉好きだったらきっと気に入ると思います。

都内ではカンガルー肉を扱うレストランが増えてきていますし、今はインターネットでなんでも買える時代です。これだけ健康に良いお肉ですから、どんどん注目されていって日本でも少しずつ広まっていきそうですよね?

ダイエットなど健康のために大好きな肉を控えている方は、是非試してみて下さい!

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい記事



この記事が役にたったらシェアお願いします♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 4 =