子供が夏に鼻血を出す原因は?これって病気?

子供が夏に鼻血を出す原因は?これって病気?

ぶつけてもいないのに子供が鼻血を出したら、病気かも?と親なら心配になりますよね。特に夏になると鼻血を出す子供は増えるような気がします。
そのまま鼻血の原因が分からないと不安な気持ちが高まる一方です。

夏に鼻血を子供が出すのはなぜなんでしょうか。

今回は子供の鼻血の原因をご紹介します。まずは子供が鼻血を出したら症状や状況が当てはまるか確認してみてください。

 

【スポンサードリンク】

鼻血をよく出すのは病気?

鼻血をよく出すというのやはりかなり心配になりますね。これは病気の症状なのでしょうか?実は、鼻血が病気かどうか見極めるポイントがあります。

鼻血が出やすくなる病気としては白血病や血友病などが考えられます。

病名だけ聞くとかなり不安を煽る病名ですが、これはあくまで血液の病気の可能性があるというだけでこの場合鼻血をよく出すという症状以外にも症状が出ることがほとんどです。

【見極めるポイント】

■30分以上、水が流れるように鼻血が出る

■ぶつけた以外で鼻以外の場所も出血する

■ぶつけていないのに手足など体に多くの痣がでる

3つのポイントがあります。

特に、病気にかかっている場合は止血が困難になることがあります。

万が一、上記に当てはまる場合は病院の受診をおすすめします。ひどい貧血や、顔色が悪いなどといった症状が出なければ鼻血はそこまで心配する必要はありません。

【スポンサードリンク】

なぜ子供は良く鼻血が出る?

ではなぜ子供は良く鼻血を出すのでしょうか。

その主な原因をご紹介します。

■無意識のうちに鼻をいじってしまう

鼻の穴から入ってすぐキーゼルバッハ部位という部分があり、この部分は細かい血管が集まっているため簡単な刺激で血が出てしまいます。

子供が無意識のうちに鼻をいじると簡単に鼻血が出てしまうわけです。

■風邪やアレルギーで鼻の粘膜が弱まる

風邪やアレルギーにより鼻の粘膜に炎症があると粘膜は腫れて充血している状態です。

その状態の鼻をいじったり、鼻をかんだりするとすぐに鼻血が出てしまうことがあります。

■急な温度の変化などによる血管運動性鼻炎

はっきりとした原因があるわけではないそうなのですが、急激な温度の変化により血管に負担がかかってしまい鼻血に繋がることがあるそうです。

子供は親の見てないところで無意識のうちに鼻をいじっていることが多いです。

寝ている間などにも鼻をいじる子もいるそうです。

風邪やアレルギーの場合は鼻に違和感を感じていじってしまうこともあるようです。

夏に鼻血を出す子が多いのはなぜ?

では、なぜ夏に鼻血を出す子が多いのでしょうか。

その原因は温度が上がった鼻粘膜の血管が開きやすくなることによるものです。

開いている状態だと、鼻血が出やすかったり止まりにくかったりします。暑い日が続いたり、興奮したりすると鼻に流れる血液の量が増えるため、その分鼻血が出やすくなります。

顔がほてって赤くなったりするようなら涼しくしてあげるようにしましょう。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

16 + ten =