目の下のクマの原因は?解消法と対策!

目の下のクマの原因は?解消法と対策!

目の下のクマ気になりますよね。なんだかちょっと疲れて見えたり、睡眠不足が続いたりするとクマがひどくなってしまったり。

なぜ目の下にはクマが出来るのでしょうか?

・寝不足が続くとすぐクマが出る
・疲れると目にでやすい

クマには大きく分けて3種類あります。そしてその中でも気がつくと消えているものと、放っておくとずっと残ってしまうものの2つ種類があります。

今回は目の下のクマの原因とその解消法、そして大事なクマ対策を調べてみました!

【スポンサードリンク】

目の下のクマの原因は?解消法と対策

目の下のクマの原因は様々ですが、代表的なのは眼精疲労・肉体疲労や寝不足の他に血行不良、ドライアイなども影響します。

クマには大きくわけて3種類あり、青クマ、茶クマ、黒クマがあります。

それぞれ原因が違いますので改善策も変わってきます。自分が何タイプなのかを確認して最適なケアをしていきましょう。

【青クマ】
・目を酷使している
・冷え性
・肌が白い方
・タバコを吸う

そんなあなたは「血行不良によるクマ」です。

目の下はとても皮膚が薄いので、寝不足や目を酷使していたりすると血行不良が起き目の下が青く透けてしまいます。
肌が白い方は血管が見えてしまいやすいのと、慢性的に冷えがある方は注意が必要です。

■解消法と対策
一番の解消法はまず目や身体を休ませてあげることです。
疲労を溜め込まないようにすることと、冷えがある方は生姜湯を飲むなど温活をすると改善しやすいです。

その他にはアイマッサージをして目回りの血流を良くすること、ホットタオルと冷タオルを交互に目に当てるのも効果的です。

青クマは生活スタイルの改善などによって改善しやすいクマですが、現れやすいクマでもありますので、マメに休息をとるようにすなどしましょう。

【茶クマ】
・肌がくすんでいる
・目をよくこする
・アイメイクは濃いめ
・化粧を落とさずに寝てしまうことがある

そんなあなたは「色素沈着によるクマ」です。

■解消法と対策
茶クマの大きな原因はこすり過ぎによるものなので、アイメイクを落とす時にこすり過ぎないように気を付けましょう。

ただし十分にアイメイクが落とせていないと色素沈着の原因になりますので、アイメイクを落ちやすいものに変えたりしっかり落とすようにしましょう。

また日焼けや、皮膚が弱い方は茶クマができやすいので目元のマッサージなどは控えましょう。

茶クマは一度出来てしまうとなかなか消えにくのが特徴です。アイパッチなど美白効果があるものなど使用して、まずは茶クマ予防に徹しましょう。

【スポンサードリンク】

【黒クマ】
・目の下がたるんでいる
・コンシーラーで隠せない
・しょっぱいものが好き
・疲れた印象に見える

そんなあなたは「たるみによるクマ」です。

■解消法と対策
黒クマの原因はたるみによるものなので、加齢が原因の場合もありますが、若い方でも骨格などによりたるみが出る場合もあります。

目元のたるみには、目元専用のアンチエイジングケアが大事になります。

また、目の下がむくむとよりたるみが強調されやすくなりますので、塩分や糖分は控えるようにしましょう。

たるみは加齢もありますが、目元のエクササイズをすることにより進行を抑えることができますので、是非ご自宅で目元エクササイズを実践してみて下さい。

黒クマに関しては一度出来てしまうと改善は難しい為、美容医療に抵抗がない方は一度カウンセリングを受けてみるのもいいでしょう。

黒クマ対策エクササイズ

■上まぶたはそのまま動かないようにし、下まぶただけで目を閉じます。

実はこれ簡単そうに思えて、普段意識して下まぶたを動かすことがないのでけっこう難しいです。

やり方は、

1、口を少しあけて、鼻の下をのばします。
2、アゴを引いて、視線はできるだけ上方を見ます。
3、その状態のままで、下まぶただけをゆっくり引き上げて5秒~10秒キープします。

もちろん青クマと茶クマが混合していたりなど様々な要因が考えられますので、解消法と対策を参考に日常ライフに取り入れてみて下さい。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

4 × 5 =