蚊がいなくなるスプレーは危険?赤ちゃんやペットへの影響は?

蚊がいなくなるスプレーは危険?赤ちゃんやペットへの影響は?

今、蚊にとても効果があり大人気なのが蚊がいなくなるスプレーです。

たったワンプッシュであの鬱陶しい蚊から解放される!とあって蚊がいなくなるスプレーは夏の必須アイテムになりつつあります。

ですが、蚊を瞬殺で弱らせることができる程の威力を持ったスプレーは危険ではないのか?というのが気になるところですよね。

特に赤ちゃんやペットがいるご家庭などは蚊がいなくなるスプレーの影響や危険性がないのか心配かと思います。

今回は、蚊がいなくなるスプレーは赤ちゃんやペットにとって危険なのかどうなのか?を調べてみました!

【スポンサードリンク】

蚊がいなくなるスプレーは危険?人への影響

夏場になると耳元に聞こえるプ〜ンという嫌〜な音と蚊にさされたあとのかゆみは嫌ですよね。そして寝てる時にその音を聞いてしまったら退治するまで眠れない!という方もいるかと思います。
そんな蚊を一瞬で弱らせられる蚊がいなくなるスプレーは今や大人気のアイテムです。

そんなに強力だと、人やペットに害がないか心配になりますよね。

蚊がいなくなるスプレーに使われている成分には『ピレスロイド』と呼ばれるものが含まれています。このピレスロイドはとても優秀な殺虫成分で、即効性、蚊が嫌がる、追い出すの三拍子を持っています。殺虫剤と同じく直接噴射すれば蚊を死滅させることもできます。

ピレスロイドは安全性が高く、「限りなく人への影響は低い」というのが答えだそうです。ピレスロイドは蚊の皮膚から侵入し、神経を麻痺させ蚊を死に追いやります。
この作用は人間には起きることはありません。

なぜかというと人間の私たちの皮膚からピレスロイドが体内に入ってしまっても素早く分解され体外へ排出されてしまうからです。ですので赤ちゃんいるご家庭でも安心して使って頂けます。

【スポンサードリンク】

ペットへの影響は?注意すべき点

ここで注意して頂きたいのが、害はないとはいえ「影響は限りなく低い」ということを忘れてはいけません。

人に向けて噴射したり、使い方をきちんと読まずに使いすぎてしまうと影響を及ぼすこともありますので用法用量はきちんと守りましょう。

また殺虫成分が入っているため『なるべくペットがいるご家庭では使わないこと』をおすすめします。もしくはペットを一旦外に出してからスプレーするなど配慮が必要と言えます。

これは製品によっては注意事項として記載されているのできちんと読むように心がけておきましょう。

やってはいけないこと

ピレスロイドは水に溶けやすい性質があるので魚などを買っているご家庭はお気をつけください。もちろん昆虫などは死んでしまう可能性があるので避けてあげるべきでしょう。

赤ちゃんなどどうしても心配な場合は蚊がいなくなるスプレーをしたあと10分程度は部屋から出しそのあと部屋に戻してあげるなど配慮してあげるのも良いかと思います。

気になる方は、念のため赤ちゃんの負担やおもちゃなどに直接スプレーがかからないようにしまっておいたり何か目隠ししておくのも心配を減らすにはよい対策かと思います。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

one × 3 =