瞬間接着剤が手や指、爪にくっついた!簡単な取り方は?


お気に入りのアクセサリーが一部取れちゃった・・・。って時みなさんはどうしますか?

「あっ!家にある瞬間接着剤でつくかも!」と直そうとする人も多いのではないでしょうか。

でもアクセサリーみたいに細かいものって不器用な私にとって思った以上に難関なんです・・・。

そーっと慎重にやっているのにふとしたタイミングで手や指、さらに爪まで瞬間接着剤がくっついた・・・なんてことありませんか?

指同士がくっついちゃうと取る時に皮膚が引っ張られて痛いし、爪もそのままにしておくと伸びるまで瞬間接着剤が付いた汚い見た目で過ごすのは避けたいです。

そこで今回はそんな瞬間接着剤が手・指・爪にくっついた時の簡単にきれいに取れる取り方をご紹介します!

【スポンサードリンク】

瞬間接着剤が手・指・爪にくっついたら?

瞬間接着剤が手・指に付いた時、焦ってすぐに剥がそうとしたり取ろうとしたりしていませんか?

付いた瞬間とっさにすぐなら大丈夫と思って取ってしまう方もいると思うんですが、瞬間接着剤はその名の通り瞬間的にくっついてしまうので付いたら終わりです(笑)

付いたらこれ以上固まる前に早くはがさなきゃと思って焦ってしまうと思うのですが、瞬間的にもう固まってしまうのですぐに剥がそうとするとかなり強力なので皮膚が剥がれてしまうなんて恐ろしい事も・・・。

瞬間接着剤が手・指・爪についてしまったら無理やり剥がさず、まずは落ち着いて次に紹介する取り方を実践してください。

瞬間接着剤が付いた時に早く解決する取り方

瞬間接着剤が「アセトン」という成分で溶かしながら落とすことができます。

この「アセトン」って成分を聞いたことはありませんか?

そうです、マニキュアなどを落とす除光液に入っているアレです。

瞬間接着剤が付いてしまったらコットンに除光液を染み込ませ、付いた部分の上にあて瞬間接着剤に染み込むように押さえます。

そうすると段々と瞬間接着剤が溶けて手・指・爪など皮膚に付いてしまったものが取れてきます。

家に除光液が無いからとホームセンターなどに売っている「アセトン」も同じ成分になるから大丈夫と購入して同じように使う場合は要注意です。

売っているアセトンは原液でとっても帰化しやすいので吸ってしまうと頭が痛くなったり気持ち悪くなったりと体調不良のような症状が現れてしまいます。

さらに火の気がある所で使うと引火して火事などを起こす可能性のある怖いものなので辞めておきましょう。

除光液が無い人は瞬間接着剤を剥がす専用の液体が市販で売っているのでそちらを用意しておくといいでしょう。

「はがし液」と検索すれば出て来るのでチェックしてみて下さい。

はがし液は除光液と同じアセトンが使われているので効果は同じです。

【スポンサードリンク】

瞬間接着剤を皮膚に負担をかけない取り方

簡単な取り方としてアセトンが入った除光液やはがし液をご紹介しましたが、この2つは皮膚には優しくなく負担になってしまう成分なんです。

肌が強いという人には大丈夫かもしれませんが、肌が弱い~普通の人・肌が荒れやすい人には瞬間接着剤が付いてしまった部分が荒れてしまうという事が起こってしまいます・・・。

そこで皮膚に負担のかからない簡単な取り方はあるのでしょうか?

少し時間はかかってしまうのですが特別なものを用意しなくても取れる方法が1つだけあります。

それは「お湯」を使った取り方です。

お風呂の湯船と同じくらいの40度のお湯に瞬間接着剤が付いてしまった部分を浸します。

浸してから少し時間が経つと瞬間接着剤が柔らかくなるのでその状態になったらゆっくり少しずつ付いてしまった部分を揉むようにして落としていきます。

このお湯で瞬間接着剤を取る方法は肌に負担がなく取れるので肌荒れが気になる人や肌が弱い人にはおすすめですが、時間は思ったよりかかります。

ここで焦ってしまうと折角お湯に付けて肌を傷つけないようにしているのに意味が無くなってしまい結果、皮膚が剥がれてしまうって事になってしまうので落ち着いてゆっくり剥がすようにしましょう。

まとめ

瞬間接着剤が付いてしまった時の取り方をご紹介しましたが、できれば瞬間接着剤を使う時は手袋をして行うなど付かないように準備や対策を行うようにするといいと思います。

皮膚についてしまった瞬間接着剤が取れたらハンドクリームやハンドオイルでしっかり保湿などのケアもするようにして下さいね。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい記事



この記事が役にたったらシェアお願いします♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + 2 =