クコの実の効能と副作用!1日の摂取量ベストは?


ここ最近、「スーパーフード」っていう言葉をよく耳にしませんか?

海外セレブやモデルさんが美容効果のために口にするようになり、日本でもテレビや雑誌、女優さんやモデルさんのSNSなどでもよく見るようになりました。

そんなスーパーフードの一つで、たくさんの栄養素が詰まった「クコの実」を調べてみたいと思います。

中華料理のお粥や杏仁豆腐の上に、ちょこんと乗ってる小さな赤い実のことです。白いお料理に花を添えるような赤いアクセントとして乗っているような赤いクコの実ですが、中国では3000年~4000年以上も前から、薬効植物として薬学書に記されています。

長い歴史を持ち、かの有名な世界三大美人の一人である楊貴妃が、美しさを保つために毎日欠かさず1日3粒食べていたという伝説も残っているスーパーフードなのです。

小さな実に隠されたクコの実のたくさんの効能と、食べ過ぎると起こってしまうという副作用、そして1日の摂取量を徹底研究してみます。

【スポンサードリンク】

クコの実のすごい効能

スーパーフードというくらいですから、それはそれは効能がたくさんあるんでしょ?と思いの方。

そうです!期待を裏切らない程の効能がクコの実にはあるのです。ザッと並べると以下の通りです。

  • 免疫力アップ
  • 風邪予防
  • 老化予防
  • 滋養強壮
  • 貧血予防
  • 疲労回復
  • 高血圧予防
  • 生活習慣病予防
  • 冷え症改善
  • 胃腸を整える
  • ホルモンのバランスを整える
  • 美肌、美白効果
  • シミ、そばかすなどの紫外線予防
  • 乾燥肌改善
  • ターンオーバーを促進し、ニキビ予防
  • 美髪効果
  • 疲れ目、ドライアイなどの眼病予防
  • 視力低下予防
  • ストレス軽減
  • ダイエット効果
  • 集中力保持

凄いですね!(笑)

クコの実は100種類以上の栄養を含んでいるスーパーフードです。効果も凄い量ですね。これはいろんな人に喜ばれそうです。

特にそんなに悩みがないかな~?という人でも、今はスマホやパソコン画面などで目を酷使している人が多い時代です。

知らず知らずのうちに疲れ目や視力低下に陥ってそうですよね?このクコの実は、視界をクリアにしてくれる作用が期待できるβーカロテンから変換されるビタミンAが豊富に含まれています。

粘膜も守ってくれるので目のダメージを軽減してくれるので、不必要な人なんていないんじゃないかとも思っちゃうほどです。

クコの実に副作用がある?

食べる生薬とも言われるクコの実ですから、むやみにたくさん摂取すれば良いというわけではないようです。

食べ過ぎるとお腹を壊したり、胃がムカムカしてきてしまうという副作用もあります。

またクコの実は、女性ホルモンを整えてくれたり、生理不順の改善に良いとされる成分、植物ステロールの一種βーシトステロールやベタインなどが含まれているため、妊娠中や授乳中の摂取は控えた方が良いです。

さらに低血圧な人は、クコの実には血圧を下げる働きがあるので注意が必要です。

医薬品との相互関係も無いとは言い切れないので、持病があったり、今服用中のお薬がある人はお医者さんに相談してみた方が良さそうです。

クコの実の1日のベストな摂取量は?

摂取するのに、注意が必要なこともあるクコの実は、一日どのくらい摂取するのが好ましいのでしょうか?

クコの実は、胃腸の働きを整えてくれる効果がありますが、消化器官が弱めな人は負担がかかりすぎないように3~5粒程度から始めるのが良さそうです。

ごく稀ではありますが、アレルギーを起こす場合もありますから、ご自身の体調の変化に注目しながら摂取の量を調節してみてください。

体に良いとされているものでも、やっぱり相性はありますからね。

3粒程度から始めて、一日多くても10粒程度が平均して推奨されている摂取量のようです。多くても20粒以内にしましょう。

【スポンサードリンク】

クコの実のおいしい食べ方

クコの実は、スーパーやインターネットで簡単に手に入ります。メーカーによって味の差は多少ありますが、見た目より特徴的な味はあまりないですが、独特な酸味と苦みを感じる場合もあります。

苦手だと感じる場合は、カレーなどの味の濃い料理に混ぜてしまうと簡単に摂取できます。

おすすめなクコの実の美味しい食べ方は、ヨーグルトやスムージーに混ぜて食べます。

3~10粒でも毎日効率良く取り入れていくことが重要です。朝の習慣でヨーグルトやスムージーを飲んでいる人は、そこにクコの実を加えるだけでOKです。

朝食だとグラノーラなどシリアルに混ぜてしまうのも簡単です。

あとは、紅茶を入れるときに、カップにクコの実を入れておいてから紅茶を注ぐものおすすめです。

お湯でふやけていき、優しい甘みとクコの実の栄養が紅茶に溶け出します。飲みながらそのふやけたクコの実も食べちゃいましょう。

ちょっとした甘みがあるので、緑茶も試してみましたが、ちょっと合わなかったです…。

クコの実の味が好きであれば、お湯にクコの実を入れて、ストレートにクコの実茶にしてもいいですね。

【クコの実茶】

クコの実を大さじ3杯くらいに、水3カップ(600cc)で30分煮て、レモンなどを入れてると飲みやすい優しい味のクコの実茶ができます。

カフェインを気にしなくていいので夕方や寝る前にもおすすめです。

まとめ

クコの実は、だいたい1袋250gが1000~1500円くらいで売っています。一日10粒としてもかなりもちますので、スーパーフードの中でもリーズナブルです。

女性に嬉しい成分、効果ばかりがたっくさん詰まっている夢のようなスーパーフード、クコの実。もうここまでの効果があるとなると、フードというよりはサプリですね。

これから季節の代わり目、そして体調を崩しやすい寒い季節がやってきます。体質改善、美容、健康維持のためにクコの実をはじめてみませんか?

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい記事



この記事が役にたったらシェアお願いします♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 − three =