シャンプーの使用期限【開封後・開封前・詰め替え】捨て方はどうする?


先日、断捨離を決行しようと家の中を整理していたんですが、そこで大量に出てきたサンプルのシャンプー達。

旅行とか海などにちょっと持って行くのにちょうどいいからと取っといて使っていないものです。

このシャンプーいつ貰ったんだっけ?と思い起こしてみると5年は経ってるものも・・・。

まだ開封前だから使えるかな?と使用期限を確認しようとするとパッケージに記載がない?!

開封後の物はさすがに捨てようと思ったけれど、燃えるゴミに捨てていいの?液体はそのままお風呂場に流しちゃっていいの?など意外に正しい捨て方がわかりませんでした。

そこで今回はシャンプーの使用期限や捨て方を開封後と開封前と詰め替えの3つのパターンで紹介します!

【スポンサードリンク】

シャンプーの使用期限【開封後・開封前・詰め替え】

シャンプーの使用期限っていつもすぐ使ってしまうので気にした事無かったけれど、サンプルや貰った高級シャンプーとかはすぐに使わず取っといてしまっていました。

これいいやつだからもったいないと思って使ってしまおうか悩んでしまいましたが、パッケージのどこを見ても使用期限が書いていません。

使用期限が書いてないって事はいつまでたっても使えるということなのかな?と思ってしまうかもしれませんが、シャンプーはずっと使える訳でなくほおっておくと腐ってしまうんです。

実はシャンプーだけでなく「3年を経過しても安全面や有効性が変わらず、使用に問題がないものに関しては、使用期限を記載しなくてもいい」ということが薬事法で決まっているんです。

要するにシャンプーは開封前だったら『3年以内』だったら安全で効果があるという事ですね。

開封した物に対してはそこから3年持つわけではありません。

開封したり詰め替えをしたりするとボトルの中に余分の水分が入ったりしてしまい雑菌が増殖してしまうんです。

そんな雑菌だらけのシャンプーで頭を洗ってもキレイになるどころか髪にも雑菌が・・・。

開封したり詰め替えたものに関しては『半年をめどに長くても1年以内』に使い切りましょう。

またシャンプーを見て水分が浮いているような分離した状態やツーンとした匂いがしたら期限の目安内であっても使用を止めるようにしましょう。

シャンプーの使用期限が切れてしまった時の髪への影響は?

でも使用期限が切れてしまってもちょっとくらい大丈夫なんじゃない?と思って使ってしまった場合いったいどういう事が起こってしまうのでしょうか?

まず未開封の場合は3年は安全とお伝えしましたがこれは防腐剤が入っていた場合です。

今は無添加や防腐剤が入っていないものも多く出回っていますので、確認するようにしましょう。

使用期限が切れてしまったシャンプーは雑菌などが繁殖しやすくそのシャンプーを使うと頭皮も雑菌だらけになってしまい、赤く腫れたり頭皮がかゆくなったりしてしまいます。

ひどくなると頭皮が荒れたりただれたりしてしまうことや抜け毛が多くなる事もありますので注意しましょう。

私もちょっとくらい大丈夫かな?と思って使ってしまい病院で頭皮に付けるローションを処方されてしまった事があるんです。

みなさんは気をつけて下さいね。

シャンプーの正しい捨て方とは?

シャンプーを捨てようと思った時に気をつけて欲しいことがあります。

シャンプーをそのまま排水溝に流してしまうと詰まらせてしまう可能性があるんです。

またやはり自然環境的にも良くないので排水溝にそのまま流してしまうのはおすすめできません。

そこで用意して欲しいのは牛乳パックと新聞紙です。もしかしたらピンっときた人もいるかもしてませんが、やり方は油を処理する時と同じです。

牛乳パックに新聞紙などを入れてシャンプーを流し込み吸わせ、牛乳パックの口を折りたたんでガムテープで留めて燃えるゴミに捨てるようにしましょう。

シャンプーは使用期限を守り正しく使って清潔な頭皮とキレイな髪を手に入れましょう。

【スポンサードリンク】

でもやっぱりもったいないので早めに使い切りるようにしましょうね。

合わせて読みたい記事


この記事が役にたったらシェアお願いします♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 2 =