シルク(絹)は何で肌に良いの?美肌・美髪効果を解説!


「シルク(絹)」と聞いたらら、大抵の方は「ベッドに使われている高級素材」「衣類に使われている高級素材」と考えると思います。

しかし、蚕の繭から作られているシルク(絹)は、紫外線を防ぎ、湿気や気温の調節までもしてくれる非常に高機能な物でもあります。

そして、そのシルク(絹)は、私たちの肌や髪にも素晴らしい効果を発揮してくれるものでもあるのです。

今回はシルク(絹)は何で肌に良いのか、気になる美肌効果や美髪効果をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

シルク(絹)は何で肌にいいの?

シルク(絹)が肌に良い理由として、

  • 抗菌作用がある
  • 抗酸化・活性酸素抑制作用がある
  • 紫外線をカットしてくれる
  • 潤い成分がある
  • 細胞の活性化をしてくれる

ということが上げられます。

一つずつみていきましょう。

抗菌作用がある

私たちは、普段から菌と共に生活をしていると言っても過言ではない環境にいますが、シルクには雑菌の繁殖を抑え、また、増やさない効果があります。

なので、顔のニキビを引き起こすアクネ菌、身体のニキビを引き起こすマラセチア菌の繁殖を抑えて増やさないためには非常に効果的と言えます。

シルク(絹)は、肌が敏感な赤ちゃんやアトピーのある方の衣類にもよく使われています。

抗酸化・活性酸素抑制作用がある

セリシンという成分の抗酸化作用によって女性にとっては大敵とも言える、シミやくすみの原因である「チロシナーゼ」という成分を抑制する力があります。

また、皮脂が酸化する事も防いでくれるので、毛穴の黒ずみが原因のいちご鼻を防ぐ効果があります。

紫外線カットをしてくれる

年中降り注いでる紫外線は、私たちの肌の細胞を傷つける大敵です。

紫外線は日焼けや赤み、シミなどを引き起こすものでもありますが、シルク(絹)はその原因となる紫外線を防いでくれる働きがあります。

潤い成分がある

シルク(絹)は第二の皮膚とも呼ばれるほど私たちの肌のと密接した関係にあります。

私たちの人間の皮膚に近い18種類のアミノ酸から構成されていて、シルク(絹)が持っている保湿成分が、私たちの肌の中にある角層の水分を守ってくれている働きと似ている働きをしています。

なので、「シルクアミノ酸」が配合されているスキンケア商品は肌への吸水力が早く、プルプルと潤った肌を目指せます。

細胞の活性化をしてくれる

シルク(絹)の成分のタンパク質に含まれている「セリシン」は、アミノ酸成分で構成されています。

この「セリシン」は、体内で「システイン」という成分に変わり、細胞を活性化してくれるので、肌の新陳代謝を正常化してターンオーバーを促す働きをしてくれます。

このように、シルク(絹)には肌に優しい他に抗菌抗酸化作用や紫外線カット、潤い成分や細胞の活性化を促す働きがあることがわかりました。

【スポンサードリンク】

シルク(絹)の美肌効果とは?

シルク(絹)は、

  • ニキビの原因となるアクネ菌は抗菌作用で除菌できる可能がある
  • 皮脂が酸化してできるいちご鼻などの毛穴の黒ずみを抗酸化・活性酸素抑制作用で防ぐことができる
  • 紫外線カットをしてくれるのでシミや日焼け、赤みを防ぐことができる
  • 肌が乾燥すると毛穴が開いて目立ったり汚れがつまり角栓となる原因となるが、潤い成分があるので乾燥を防ぐことができる
  • 肌のターンオーバーが滞ると顔がくすんだり古い角質などが肌に残り、様々な問題を引き起こす原因となるが、細胞の活性化をしてくれるのでターンオーバーが正常化される

といった働きがあるので、美肌を目指すにはかなり高機能なものだと言えます。

シルク(絹)を配合した化粧品やスキンケア商品が販売されているので、スキンケアでだけではなく、日中もメイクをしながらケアをすることも可能です。

使い続けることで美肌になることが可能になります。

シルク(絹)の美髪効果とは?

  • シルクアミノ酸が痛んで途切れ途切れになっている髪の間に入り込み、補正・修正をしてくれる効果がある
  • 保湿成分で髪をしっとりまとめてサラサラな髪を目指せ、頭皮を潤してくれるので、抜けにくい髪を作り出す
  • 抗菌作用で菌を抑制してくれるのでニオイの原因も防げる

ということが上げられます。

シルク(絹)で作られているナイトキャップやシャンプーが販売されているので、カラーやパーマで髪が傷んでいる方や抜け毛が気になる方におすすめです。

まとめ

シルク(絹)は何で肌に良いの?美肌・美髪効果を解説!をまとめますと、

  • ニキビの原因となるアクネ菌は抗菌作用で殺菌できる可能がある
  • 皮脂が酸化してできるいちご鼻などの毛穴の黒ずみを抗酸化・活性酸素抑制作用で防ぐことができる
  • 紫外線カットをしてくれるのでシミや日焼け、赤みを防ぐことができる
  • 肌が乾燥すると毛穴が開いて目立ったり汚れがつまり角栓となる原因となるが、潤い成分があるので乾燥を防ぐことができる
  • 肌のターンオーバーが滞ると顔がくすんだり古い角質などが肌に残り、様々な問題を引き起こす原因となるが、細胞の活性化をしてくれるのでターンオーバーが正常化される
  • シルクアミノ酸が痛んだ髪を補正して修正する効果がある
  • 保湿成分で髪をサラサラにして抜け毛を防げる
  • 抗菌作用でニオイを防げる

ということがわかりました。

シルク(絹)が使われた商品はたくさんありますが、まずは自分に合うかどうかということを試してから日常的に使うことをおすすめします。
【スポンサードリンク】

合わせて読みたい記事



この記事が役にたったらシェアお願いします♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × three =