ギー油の効果効能まとめ!ローラ愛用アーユルヴェーダ 最強オイル!


タレントのローラさんがSNSで発信する手作り料理が凄すぎる!!と話題になりました。

そんなローラさんが提案している料理で使われたギー油が今、大注目されています。

ギー油は伝統医学のアーユルヴェーダも使われる効果・効能が凄すぎる最強オイルです。

今回はローラも愛用しているアーユルヴェーダの最強オイル、ギー油の効果と効能をご紹介します!

【スポンサーリンク】

ローラ愛用のギー油って?

ローラが愛用して大注目のギー油。ローラと言えばモデルの他、愛らしいキャラクターでバラエティー番組で活躍しています。

ローラのSNSやバラエティー番組を見て感じるのは、美容に対する意識の高さです。

そんなローラが愛用しているギー油。ローラが愛用しているだけで美容や健康に対して効果的なんだろうなと信頼感があります。

ギー油は『発酵無塩バターから作られた油』です。

バターが溶けると少し油っぽくなりますよね。
バターから水分やタンパク質を取り除いてできたのがギー油。甘い独特の香りが特徴の純粋な油です。

料理はもちろん伝統医療のアーユルヴェーダやマッサージオイルとしても使えるまさに最強オイルなんです。

【スポンサーリンク】

ギー油の効果・効能

ギー油には豊富な栄養素がたっぷり含まれていて、そのどれもが美容と健康に良い影響を与えてくれます。

ギー油はこれから露出が激しくなる時期に向けてのダイエット効果も期待できます。

炭水化物は体のエネルギーを作るのに必要な栄養素ですが、脂肪にもなりやすいので『炭水化物抜きダイエット』や『低糖質ダイエット』が流行りました。

しかし、ギー油は同じようにエネルギーを作る栄養素が入っていますが炭水化物と違って脂肪にはなりません。

ギー油は脂肪にならないだけでなく脂肪を分解したり脂肪の燃焼を助けてくれる効果があるんです。

脂肪燃焼効果

ギーは中鎖脂肪酸を多く含み、中鎖脂肪酸は吸収や分解が早く、すぐにエネルギーになるので蓄積されず太りにくいといわれています。

栄養の吸収を高めながら代謝を促し、身体に蓄積されてしまった脂肪を分解、燃焼して排出までしてくれるのです。

老化防止・粘膜を正常に保つ

ギーにはビタミンAとEが豊富で、動脈効果や老化防止、皮膚の粘膜を正常に保つ働きがあります。

ビタミンAは視力回復にもいいと言われており、アーユルヴェーダではギーを目の中に入れるトリートメントもあり、視力回復、ドライアイにもいいと言われています。

また、ビタミンEは強い抗酸化作用があり、アンチエイジング効果や生活習慣病の予防にも効果的です。

消化機能の向上

ギーには短鎖脂肪酸という成分を含んでいて、消化器官の粘膜を刺激して粘液の分泌、ミネラルや水分の吸収を促します。

そのことにより腸内フローラを良好に保ち、消化活動や排泄活動に役立ちます。

そしてこの短鎖脂肪酸はエネルギー源となりやすく体内に蓄積されることがありません。

免疫力の向上・うつの抑制

鎖脂肪酸は大腸のエネルギー源となり、免疫力を向上させる効果があります。

特に短鎖脂肪酸のうちの酪酸とプロピオン酸は、アレルギーの改善や炎症を抑えたりがん細胞などを破壊する「制御性T細胞(Tレグ)」を生成します。

それにより免疫力が向上します。

また、短鎖脂肪酸はうつの症状を緩和するにも効果的といわれています。

そんな素晴らしいギー油、早速取り入れてみたい!という方はこちらの記事も合わせてお読み下さい。

ギーは色々な食べ方や使い方が出来るので是非毎日取り入れてみて下さいね。

ギー油はアーユルヴェーダの最強オイル

アーユルヴェーダとは五千年の歴史をもつインド・スリランカ発祥の伝統医療です。

中国四千年の歴史とかよく使われますがそれを超える伝統で、五千年も続くのはやはり人々に合っているからこそではないでしょうか?

ギー油はアーユルヴェーダで活力に満ちあふれているオイルと位置付けられていて、記憶力・知力・精力だけでなく視力までも活発にさせる効果が期待されています。

それだけでなく体の毒素や発熱を蒸発させたり傷を治す効果もあるとされています。

なんと不幸までも除去してくれるので使うだけでハッピーな気持ちになれそうです。

そういえばローラもハッピーオーラに包まれていますよね。

私たちも生活にギーを取り入れて健康や美容だけでなくハッピーを手に入れましょう!!


【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事



この記事が役にたったらシェアお願いします♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five − 2 =