メガネの鼻・こめかみのへこみ跡と色素沈着の原因は?改善策はある?


視力矯正のためや紫外線をカットしてくれるサングラスや、ファッションでかけるメガネを外したときに、

「鼻とこめかみが凹んでいる!」

といった経験がある方が多いのではないでしょうか。

そして長時間かけている程、鼻とこめかみの凹みがなかなか治らないこともあります。

初めは凹みがあるだけでも、長年メガネを使っていると、メガネの部品が当たる鼻とこめかみの辺りがうっすらと色素沈着を起こし、消えなくなる場合もあります。

今回は、メガネの鼻やこめかみの跡と色素沈着原因と改善策をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

メガネをかけると鼻とこめかみにできる色素沈着の原因とは?

メガネにはたくさんの種類がありますが、ほとんどの原因が

  • メガネが重い
  • メガネのサイズが合っていない
  • 鼻パッドの形があっていない

ということが挙げられます。
詳しくみていきましょう。

メガネが重いケース

視力の強弱によってメガネレンズの重さも変わってきます。

視力が悪いほどレンズも厚くなって重くなるので、鼻にかかる負担は計り知れません。

メガネは手で持つと、そんなに重さは感じることはありませんが、鼻にかなり負担がかかっています。

今は視力に合わせたレンズの厚さが厚くなったり重くなった場合は、追加料金でメガネ屋さんで薄く軽くしてくれるので、店員さんに相談してみましょう。

1日数時間しかメガネをかけないという場合でも、小さな負担が蓄積すると後になって症状が出てくることがあります。

メガネのサイズが合っていないケース

メガネのテンプルの幅が狭いと、こめかみが締め付けられることでその部分がへこんで跡がつき、逆に幅が大きすぎると鼻にだけ負担がかかってしまいます。

デザインを重視して購入する方もいると思いますが、テンプルの幅も非常に重要なので気をつけましょう。

また、「デザインは気に入ったのに幅が合わない」という場合は、店員さんに相談してみましょう。

鼻パッドの形が合っていない

鼻パッドには種類があり、

  • 樹脂製鼻のパッド
  • シリコン製の鼻パッド
  • エアクッション式の鼻パッド

があります。

そしてプラスチック製に多いものが、鼻パッド部分が低い山型のになっていて、フレームと繋がっているものもあります。

このタイプはフレームとくっ付いているので取り外しはできませんが、金属系のフレームは、鼻パッドが交換できるものがほとんどなので、鼻パッドが合わない場合は交換することをおすすめします。

鼻パッドの形が鼻と合っていないと、こめかみに負担がかかる場合があります。

色素沈着の原因

このようにメガネが重かったりサイズが合っていないと一部だけにかかる負担が多いので、肌が圧迫されてメラニン色素が生成してしまいます。

また圧迫されることで血流が悪くなるので、肌のターンオーバーも遮断されてメラニン排出が難しい状態になります。

色素沈着の改善方法は?

改善方法として、

  • メガネのサイズを見直す
  • メガネの重さを見直す
  • 鼻パッドを見直す
  • できるならばメガネではなくコンタクトレンズに切り替える

が、今すぐにでも実践ができる方法だと思われます。

しかし、色素沈着がすでにできてしまっている場合は、ハイドロキノンが有効と言われています。

【スポンサードリンク】

なぜメガネの色素沈着にハイドロキノンが効果的?

ハイドロキノンはすでにできてしまったメラニンを改善する美白成分が配合されています。

また、ハイドロキノンには色素沈着の原因となるメラノサイトを抑制する働きがあります。

ハイドロキノンは薬局や通販でも手に入れることはできますが、顔の皮膚は体より薄く、敏感です。

なのでまずは皮膚科を受診し、適切な処置の上で処方されたハイドロキノンを使うことをおすすめします。

 

まとめ

メガネの鼻・こめかみのへこみ跡と色素沈着の原因は?改善策はある?をまとめますと、

メガネの色素沈着の原因は、

  • メガネの重さによるもの
  • メガネのサイズが合っていないことによるもの鼻パッドの形が合っていないことによるもの

です。

今すぐできると思われる改善方法として、

  • メガネのサイズを見直す
  • メガネの重さを見直す
  • 鼻パッドを見直す
  • できるならばメガネではなくコンタクトレンズに切り替える

が上げられます。

既に色素沈着ができてしまっている場合は、ハイドロキノンの使用がおすすめですが、まずは皮膚科医に相談してみましょう。

メガネは視力矯正からおしゃれをするための物まであり、デザインも様々です。

しかし合わないメガネを使い続けると、鼻やこめかみがへこみ、跡となって色素沈着が起きるので肌にかかる負担も考慮して選ぶことを心がけましょう。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい記事



この記事が役にたったらシェアお願いします♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + 6 =