足つぼのマッサージはなぜ痛い?効果はあるの?


足つぼと言えば痛いというのが皆さんのイメージにあるかと思います。

足の裏で体の健康が分かると言いますが、なぜ足つぼマッサージは痛いのでしょうか。

実は痛いだけてマッサージとして効果あるのか疑問に思ったことがある方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな足つぼマッサージの痛い理由と効果についてご説明します。

【スポンサーリンク】

足つぼマッサージなぜ痛いの?

足のつぼを押すとすごく痛い所とそんな痛くない所があると思います。

足の裏は第二の心臓とも言われますが、なぜ痛くなるよでしょうか。

足の裏には反射区という「つぼ」と呼ばれているところがあります。

マッサージ店などでよく足のつぼの図などを目にするかと思いますが、そのつぼを押すとその臓器が痛くなるというのがつぼの原理です。

実際足の裏が痛い理由は様々ありますが、反射区にあたる体の部分が弱っているからという理由だけではなく、老廃物がたまっていたり、足の裏の疲労によって痛く感じる場合もあります。

足の裏というのは体の中でも老廃物が溜まりやすい場所だそうです。

痛みが和らぐ理由は押しているうちに溜まった老廃物が段々押し流されるためだそうです。

他にも足がむくんでいたりするのも押されると痛い理由の一つのようです。また足の裏には押すと反射的に痛いところもあるそうです。

【スポンサーリンク】

足つぼの効果とは?

では実際に足つぼとは効果のあるものなのでしょうか。

足の裏が第二の心臓と呼ばれる理由は、全身血液を送り出す大事ための重要な部分だからだそうです。

また足の裏は体のいろいろな部分を反映しているため、その部位を刺激することで体の異常がある部位を発見できたりもするそうです。

実は足つぼはWHOにつぼ治療として認められたそうです。

ですが勘違いしてはいけないのが、足つぼで実際に病気が治るわけではないということです。

あくまで、効果はあるということを認めただけに過ぎないのです。

足つぼマッサージには不確かなことが多いですが確実に言えるのは足つぼマッサージによって下半身の血流が良くなるということです。

下半身はむくみやすい場所でもあります。

足つぼマッサージにより血流が良くなると老廃物が流され、それにより下半身の血流が良くなるそうです。

他にも単純にマッサージによるリラックス効果もあります。

これにより心身共にリラックスし、良い効果を生み出す可能性もあります。

よく目にする足つぼマッサージのつぼの図は実は、少しずつ違ったりしているところもあります。

医学的に、ここがつぼだという根拠は曖昧だそうです。

つまり、足つぼマッサージのつぼはかなり曖昧なものだということが言えます。

これによって、どこがよくなるなどという医学的な根拠ありませんがマッサージされることによりむくみや冷え性などが解決されるのは事実です。

また、むくみや冷え性が改善されることで便秘などの症状が治る可能性もあります。

つまり、足つぼマッサージはつぼとしての効果よりマッサージとしての効果を期待していく方が良いということになります。

痛いのは意味がないわけではありません。

体に溜まった老廃物を押し流し足つぼマッサージで健康に近づくことは可能なわけです。


【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事



この記事が役にたったらシェアお願いします♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight − 3 =