ルミキシルのシミへの効果はどのくらい?偽物があるって本当?


女性なら殆どの人が「肌の悩み」を何か抱えていると思います。

その悩みの中で、上位に来るのが「シミ」です。20代でも肌の悩みのアンケートを取ると、ランキング5位以内に「シミ」が入っていて、30代、40代では大体1位か2位には入ってきます。

女性にとって老けて見られることは、避けたいですよね。シミはやっぱり老けて見えちゃう原因の一つです。

気になってしまうとコンシーラーやファンデーションで隠しますが、どんどん厚塗りになってしまうと、それもやっぱり老けて見えてしまうものです。

そんな女性の味方、シミに効果があるルミキシルをご存知でしょうか?シミの治療といえば、ハイドロキシンの外用や、レーザー治療が有名ですが、このルミキシルは今、最高にシミに効果があると言われ、愛用者が続々増えてきている大注目の化粧品なのです。

では、ルミキシルのシミへの効果はどのくらいあるのでしょうか?シミに悩んでいる人の救世主ルミキシルとはどんなものかご紹介していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

ルミキシルはシミにどのくらい効果があるのか


ルミキシルは、昔から美容皮膚科などでシミの治療に使われていた「肌の漂白剤」とも言われていたハイドロキノンのなんと17倍の美白効果があるといわれています。

以前までメジャーであったハイドロキノンは化学物質のため、敏感な肌の人やアレルギーを起こす可能性がある人には使用することが出来ませんでした。ですが、このルミキシルは低刺激のため、敏感な肌の人にも安心して使用することが出来るのです。

そして、ハイドロキニンは「肌の漂白剤」と呼ばれるだけあって、3ヶ月以上使用することが出来ません。

長期使用すると白斑という白く色が抜けてしまうこともあるためです。その点、ルミキシルは安心して長期使用が出来ます。そのため美白効果もより高くなります。

シミを消したいとはいえ、白斑が出来てしまっては意味がありません。何より安心して使えるというのは嬉しいですね。

さらに、漂泊してくれるハイドロキニンよりも、シミそばかすの原因になるメラニンの抑制効果が高いことも確認されています。低刺激で美白効果、さらにメラニンの抑制効果で、肌がワントーン明るくなったという嬉しい効果が期待できます。

ルミキシルの効果を高める使い方のポイント5つ

1.洗顔後1番に使うこと。

まず、クレンジングや洗顔でしっかりと汚れや皮脂を洗い流します。

そしてすぐにまっさらな肌に塗ります。お顔全体に塗って頂いて、シミや肝斑が気になる部分には重ねて塗ります。

有効成分がしっかりと浸透するように、必ず洗顔後1番にお塗りください。

2.ルミキシルを塗った後は5~10分放置すること。

しっかりルミキシルを塗り込んだ後は、5〜10分放置します。

保湿成分も含まれているため、ルミキシルだけでも潤うと思いますが、自身がいつも使っている基礎化粧品を使用する場合は、ルミキシルを放置した後に使用します。

より浸透するので、シミへの美白効果にプラスした効果が期待できます。

3.シミのない絹肌を保つためには、1年中、春夏秋冬使うこと。

美白効果を考える場合、夏の紫外線が一番気になるかと思いますが、一年中使用する必要があります。

夏以外も紫外線はあるので慢性的にメラニンを蓄積してしまうと効果も半減してしまいます。

低刺激のルミキシルは一年中使用することが出来るので、効果を実感し、持続させるためにも季節を問わず使用することをおすすめします。

4.乾燥は敵!十分な保湿で効果を高めること

肌トラブルのすべての根源は「乾燥」にあると言っても過言ではありません。

乾燥はくすみの原因になり、美白効果のある化粧品を使っても効果が半減してしまいます。

シミが気になる以上に肌が乾燥している場合は、まず徹底して保湿重視の化粧品を使用して、肌を整えてください。潤っているお肌にルミキシルで美白を目指しましょう。

5.紫外線対策をぬかりなくすること

一年中、季節問わずルミキシルを使用することとプラスして、一年中紫外線対策を怠ってはいけません。

すでに蓄積してしまったメラニンでシミになるのですが、それを撃退しながら、新たな紫外線でシミの原因を作っては意味がありません。

日焼け止めはもちろん、飲むサプリや、栄養、お肌の大敵の睡眠不足など、お肌に悪いことはもうここで徹底して注意してしまうことが必要です。

【スポンサードリンク】

要注意!ルミキシルの偽物との見分け方


これだけ効果の高いルミキシルは、どんどん口コミで広がり、人気急上昇の基礎化粧品です。それに加えて、偽物も出回るようになっているようです。偽物で後悔しないように、注意点をまとめてみます。

まず、生産国はアメリカであることを確認しましょう。特に香港や台湾などからの直輸入のものは偽物の可能性もあるようなので十分気をつける必要があります。

正規品に記載されている「PRSS.Japan(株)」があるかラベルを確認しましょう。

製造販売元で、この記載がないラベルは偽物の可能性があります。正規品である証のエンブレムも必ず確認しましょう。

本来、ルミキシルは、美容クリニックや医療機関のみで取り扱われている基礎化粧品です。

極端に安さを売りに出しているものは疑った方が賢明です。多少値段は高くなるかもしれませんが、できる限り怪しくないショップで購入する方が安全です。

また、海外や、メーカー、販売店などを経由して手元に届く場合がありますので、まず消費期限も確認しましょう。

初めて聞いた方も、以前から気になっていた方も、シミに劇的に効果があり、低刺激で長期使用できるルミキシルはとても魅力的な商品だと思います。

シミが気になるけど、刺激や白斑の恐れや、使用の仕方が気になってなかなか手を出せなかった人は特に、試してみる価値はありそうです。

【スポンサードリンク】

シミ対策は、今の時期から始めるのがベストですん。紫外線がきつくなる季節の前に是非試してみてください。

合わせて読みたい記事


この記事が役にたったらシェアお願いします♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × one =