爪がカビで緑色に!治し方は?病院に行った方がいい?

爪がカビで緑色に!治し方は?病院に行った方がいい?

最近、女性の中で悩みの一つとして増えているのが爪が緑色になるとう症状です。

爪が緑色になる症状はカビが原因と言われています。

爪の一部が緑色になっているだけなら病院に行かないで自分でどうにかしたいという方もいると思います。

カビが原因でなるこの症状の治し方はどのようにすれば良いのでしょうか。

自分で治す方法のでなく、病院に行った方が良いのでしょうか。

今回はそんな疑問にお答えしたいと思います。

【スポンサードリンク】

自分で治す方法

ジェルネイルを放置することでなってしまう爪が緑色になるという症状はカビが原因です。

症状がそこまで酷くない場合は病院には行かずに自分で治したいという方もいると思います。

ですが、カビによる症状は薬で治したりすぐに良くなったりはしないそうです。

ジェルネイルを放置することで、自爪とジェルネイルの間に水などが入り菌が繁殖することで爪にカビが繁殖はさ緑色になります。

まず大事なことは、ジェルネイルをしたままの場合はすぐにジェルネイルを除去することです。

ジェルネイルを除去することで、悪化を防ぐことにもなります。

症状が軽ければ、ジェルネイルをオフして白い表面を軽く削れば改善される可能性があります。

軽く削ったら、爪を消毒します。

それでも症状が治らない場合は病院の受診をお勧めします。

充分注意して行ってください。

【スポンサードリンク】

病院に行くべき?

症状が悪化してくると、自分で表面を削っただけでは良くならない事もあります。

なぜかというと、軽く表面を削り消毒してもカビは完全には取り切ることが出来ないからです。

そのため、削ったからといって放っておくと症状が悪化してしまう可能性もあります。

爪カビが重症化すると他の病気になってしまう可能性もありますので、なるべくなら病院に行って診てもらう方が良いと言えます。

病院に行く際の注意点としては、必ずジェルネイルは除去していくということです。

病院ではジェルネイルは除去することが出来ません。

そのため除去していかないと、治療が受けられなくなってしまいます。

例え、症状が軽くても場合によっては広がって行く可能性もあるので自分で治すより病院に行くことをお勧めします。

病院を受診する場合は、皮膚科で診てもらいましょう。

又、爪カビが治るまではジェルネイルはしないようにしましょう。

カビは一本だけだからと言ってまたその上からジェルネイルをしてしまうとさらに菌の増殖を助けることになむてしまいます。

また爪を消毒する際にハケのタイプのものを使う方はハケが直接爪につかないようにしましょう。

そのハケからまたカビが発生してしまいます。

またジェルネイルの除去に使用した道具も同じくだめになってしまいます。

必ず捨てるか、エタノールにつけて道具も消毒するようにしなければ同じことの繰り返しになってしまいます。

最近ではカビに感染しないために自爪にぬるバリアのようやものも販売されています。

日頃のケアで防げるものなので、少し気をつけて生活してみてください。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

19 − 1 =