豆乳ココアの効果的な飲み方は朝と寝る前どっち?ニキビや美肌に!

豆乳ココアの効果的な飲み方は朝と寝る前どっち?ニキビや美肌に!

ニキビなどの肌トラブルで悩んでいる方、豆乳ココアはご存知ですか。ココアや豆乳には、とても良い効能があります。より良い効果が得られるように効果的な飲み方は朝と寝る前のどちらなのでしょう。

今回は、ニキビや美肌に効果のある豆乳で作る豆乳ココアの効果的な飲み方やその効果について調べてみました!

【スポンサードリンク】

豆乳ココアの効果

豆乳ココアとは、豆乳に無糖のココアを混ぜるだけで簡単に作れます。低カロリーで身体に必要な蛋白質の補給源として最適です。ココアと豆乳には健康や美容に効果が高い成分が含まれています。ココアと豆乳のそれぞれの効果から説明していきます。

●ココア●
高血圧予防
筋肉の収縮に関わったり、ナトリウム(塩分)を尿と一緒に排出してくれる役割があるカリウムが含まれているため、塩分過多による高血圧の予防にもなります。。

自律神経を整えて、ストレス解消
テオブロミンという成分がストレスによって増えるホルモンの分泌を抑える効果があります。ストレスへの抵抗力を高めて、自律神経を整えてくれるため、リラックス効果も得られます。

骨粗鬆症予防
ココアには、マグネシウムとカルシウムが含まれています。骨の成長を助けるカルシウムはそれだけで摂っても吸収率が弱いと言われていますが、マグネシウムと一緒に摂取することにより、その吸収を助けてくれます。

貧血予防
ココアの原材料、カカオ豆には豊富な鉄分が含まれているため、ココアは貧血改善に役立つと言われています。ただし、加工したココア飲料や調整ココアだと鉄分の量が減ってしまうので、鉄分不足を補う目的で飲むなら純ココアがよいです。

がん、脳梗塞予防
カカオポリフェノールが脂肪の吸収を抑え血液をサラサラにし、がんや動脈硬化の原因となる活性酸素の除去にも効果があります。また、その成分の抗酸化が免疫性を高め、インフルエンザの感染抑圧効果にも繋がります。

アンチエイジング、美肌効果
ココアには、ビタミンB群やビタミンEが含まれています。エネルギーの代謝を助け、疲労の蓄積を防いでくれたり、アンチエイジング効果や美白効果などがあり、女性にとっては嬉しい栄養素です。

便秘解消
リグニンという成分が腸内で善玉菌を増やし腸内環境を整えてくれます。ココアの中でも、純ココアは、1杯のココアでトマトジュースの2~3倍もの食物繊維が摂取できます。この効果で、腸の中で便を押し出して綺麗にしてくれるようです。さらに、脂肪の消化吸収に関わる胆汁酸を吸着して排泄するため、脂肪の代謝も助けてくれる効果があるのです。

冷え性改善
温かいココアを飲んでから体内温度が上昇してからの時間が長く継続します。そのため、体内の温度を保てるようになり、冷え性改善効果も認められています。

●豆乳●
アンチエイジング、美肌効果
豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、基礎化粧品にも使われているほど美肌やアンチエイジングに効果的です。お肌の老化を防ぎハリ感を保ち、みずみずしいツヤ肌に導いてくれます。

コレステロールの増加を予防
豆乳のタンパク質は、含まれる量が多い上に、栄養価が高く良質であるという特質があります。この良質なタンパク質は、筋肉や内臓の働きを助けます。コレステロールの増加を予防して、心臓病を防ぐ効果もあります。血圧を抑えコレステロールを排出してくれるのです。

脳の活性化
レシチンという成分が記憶力向上、ボケ防止、集中力向上などに働きかけます。これは、血流の流れを良くして動脈硬化や脳梗塞も予防し、血管の脂肪を減らし脂肪の増加を防いでくれます。

美髪効果
豆乳には、髪の毛の保湿成分でもあるアミノ酸の中でも高い保湿力のあるグルタミン酸やアスパラギン酸が多く含まれているので、潤いを与え美しい髪質を保つ効果があると言われています。

脂肪燃焼
豆乳に含まれているサポニンという成分が脂肪を取り除く効果があり、コレステロールの減少や中性脂肪も減るようです。

豆乳には、ココアにも含まれているビタミンEや鉄分も含まれていますので、アンチエイジングや美肌効果もあります。

ココアの成分、カカオポリフェノールの抗酸化作用はニキビ予防に良いとされています。そこに、豆乳イソフラボンの美肌効果と血流を良くするレシチンの効果が合わさって、更なる美肌効果を感じられるようです。

【スポンサードリンク】

豆乳を飲む時間帯

飲む時間帯では朝と夜で効果が異なってくる傾向にあります。そこで、飲む時間帯で変わる効能について紹介します。

食事の30分前
と大豆サポニンによって、脂肪やコレステロールの吸収を抑える事に効果的で、食事による血糖値の上昇が緩やかにもなります。血糖値を抑えると脂肪の増加を防ぎ肥満を増加ぐため、非常に有効です。

お腹が空いた時
豆乳は消化が簡単なので胃の負担も少なく、ご飯やパンよりカロリーも低いのでダイエットにも効果的です。あのドロっとした感覚がお腹を満たしてくれるので、間食せずに済みます。

夜の寝る前
夜の寝る前に豆乳を飲むと褐色脂肪を増やして、白色脂肪を減少させます。この状態となると脂肪を燃焼させる体になるため、痩せやすい体質を作り、女性ホルモンの効果も受けやすくなります。ニキビ改善にも効果的です。ただ、寝る前は、カロリーの消化はしないので、夜に食事を取るのは控えた方が良さそうです。

朝起きた時
朝に飲むと栄養やエネルギーを吸収出来て、便秘の改善にも役立つため、便通の改善に役立ちます。

朝と夜、どっちが効果的?

改善したい方向で考えると、どの時間帯に飲めば豆乳ココアの効果を上手く活かせるかが解ったかと思います。便秘を解消したいなら朝、食べ過ぎなら食前、痩せやすい体質作りは寝る前となっていますが、便秘と食べ過ぎどちらの改善もしたい方は、豆乳を朝と夜に分けて飲む事がおすすめす。

基本的に1日200mlまでに抑えれば副作用が出る事もありません。つまり朝起きた直後に100mg飲み、最後に夜の眠る前に100mg飲むと効果的です。

そうすれば、便秘を改善して痩せやすい体質を作り、ニキビ予防という豆乳の効果を生かした飲み方ができます。ただ、生理中は飲む時間帯でも控えるようにした方が良さそうです。生理中は生理周期に影響が出るケースがあるため注意してください。

また朝や夜など飲む時間帯を考えて飲んでいても豆乳の効果が現れない場合があります。それは、継続が出来ていないのが原因です。肌の生まれ変わるサイクルは、28日間なので1ヵ月は継続してみましょう。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

5 × 1 =