洗濯してもタオルが臭い!原因と消す方法!梅雨時や旦那の臭いにも!

洗濯してもタオルが臭い!原因と消す方法!梅雨時や旦那の臭いにも!

いくら洗濯しても、臭ってしまうタオルがあります。

洗い直すとその時は臭わなくなりますが、使うとまた臭います。

梅雨時などは、部屋中に嫌な臭いが充満してしまい、憂鬱な気分になってしまいますよね。

今回は、この嫌なタオルの臭いを消す方法をご紹介します。

また、臭いと言えば、気になる旦那の特有の臭いも消しちゃいましょう。

【スポンサードリンク】

洗濯してもタオルが臭いのは雑菌の繁殖が原因

顔を拭いたタオルが臭う・・・

干してあるタオルが臭う・・・

など、ふかふかで気持ちいいはずのタオルが臭うと、ガッカリしてしまいますね。

「生乾きの臭い」や「雑菌臭」などと言われている、あの臭いですが、どうにか消したいものです。

原因は、雑菌と言われていますが、どうしてタオルばかりが臭うのでしょう。

それは、使うたびに「濡れる」という事が大きく関係があるのです。

入浴後に使用した、濡れたバスタオルは、どうしていますか?

どうせ洗うのだからと、洗濯機に入れてそのままにしてしまうと、濡れたところから、雑菌が大繁殖し、普通の洗濯では処理しきれなくなってしまうのです。

干した洗濯物のすべてから臭う場合は、雑菌の繁殖がほかの洗濯物にまで広がってしまったという事です。

また、それは洗濯機自体にも、雑菌を繁殖させることになり、すべてが悪いほうへと進んでいき、臭い地獄となります。

タオルの嫌な臭いを消す方法とは

この状態では、普通の洗濯では臭いは取れません。

今回は3つの方法をご紹介します。

1.酸素系漂白剤(粉)

通常の洗濯をした後、そこに40度以上の温度のお湯と、酸素系漂白剤(粉)を入れて、40分~1時間放置し、その後、すすぎと脱水をして終わりです。

ポイントは、「40度以上のお湯」と「粉タイプの漂白剤を使う」という点です。

・酸素系漂白剤は、40度以上で効力を発揮するのです。

・雑菌のもとの、皮脂汚れを落とすには、粉タイプの成分である「過炭酸ソーダ」が最適なためです。

2.煮沸

洗濯後、ホーローかステンレスの鍋で、5~10分煮沸消毒し、冷ましたら、脱水して干します。

3.浸け置き

バケツに洗濯後のタオルを入れて、沸騰したお湯をタップリ注ぎ、ふたをして、10分ほど放置します。

その後、通常の洗濯をして終わりです。

これらの方法で、洗濯ものの臭いは取れますが、同じことを繰り返していたら、臭いもまた繰り返してしまいます。

【スポンサードリンク】

臭わないタオルにするためは?

まず、使用後タオルは、ハンガー干しや、室内物干しなどで一度乾かしましょう。

その他の洗濯物も、直接洗濯機には入れず、洗濯カゴに入れ、洗濯機のふたは開けておくように習慣づけましょう。

洗濯物や洗濯機が乾燥している状態にしておくことが、雑菌の繁殖を妨げるのです。

梅雨時などは、とくに湿気がひどいので、扇風機やドライ機能を使い、洗濯物を早く乾かすことも、雑菌対策のひとつです。

嫌な臭いは旦那の洗濯物からも!

臭う洗濯物は、タオルだけではありません。

男性はとくに、皮脂汚れが激しく、また加齢や30代臭と言われる、年代特有の臭いがします。

こんな時は、いつもの洗剤と洗濯物を入れたバケツに沸騰したお湯を入れ、温くなるまで放置し、その後、通常の洗濯をします。

スッキリと臭いがとれますので、次からしばらくの間は、ワイドハイターで浸け置きする程度で大丈夫です。

また、臭いがついてしまったら、沸騰したお湯を使って、臭いを消しましょう。

毎回、沸騰したお湯をかけると、生地が傷んでしまうので、気を付けてください。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

20 + twelve =