収入印紙とは簡単に言うと?領収書に張り忘れるた場合どうなるの?

収入印紙とは簡単に言うと?領収書に張り忘れるた場合どうなるの?

大人になって社会に出るといまいち良く分からないけど今更人には聞けないことが沢山あるかと思います。

収入印紙ものその一つではないでしょうか。

高額の物を買い領収書を受け取ると収入印紙を貼るのは皆さんご存知かと思います。

では収入印紙とはなんなのでしょうか。

もし領収書に収入印紙を貼り忘れるといったいどうなるのでしょうか。

そんな今さら人には聞けない収入印紙について簡単にご説明したいと思います。

【スポンサードリンク】

収入印紙とは簡単に言うと?

そもそも収入印紙とはなんなのでしょうか。

収入印紙とは、印紙税という国の税金の一つです。

お金の取引に関する書類は、書類にすることで信用を得ることになります。

その信用を支えているのは国の法律があるからです。

なので信用保証料として税を納めてくださいと言うのが印紙税になります。

収入印紙を購入し書類に貼り割り印をした時点税の支払いが完了したことになります。

収入印紙を貼る必要がある書類には種類があります。

皆さんが一番、収入印紙に触れる機会が多いのが領収書かと思います。

現在、領収書には5万円以上の支払いから収入印紙が必要になります。

収入印紙には金額があり、領収書は5万円以上100万円までは200円の収入印紙が必要です。

他にも、身近な所からご紹介すると不動産の譲渡に関する契約書や手形、業務委託に関する契約書、会社設立時の定款など契約を交わす上でも収入印紙は必要になってくるのです。

つまり収入印紙は国の財源になる重要な税金の徴収の一つであるということです。

収入印紙に必要な書類やその書類に必要な収入印紙の金額などは国税庁のホームページで見ることが出来るので覗いてみてください。

【スポンサードリンク】

領収書に収入印紙を貼り忘れるとどうなるの?

収入印紙について分かったところで、領収書に収入印紙を貼り忘れるとどうなるのでしょうか。

最初に説明したように、領収書に収入印紙を貼る場合は文書の作成した側が収入印紙を購入し文書に貼ります。

その書類に消印を押すことで納税したとみなされるわけです。

この納付方式を自主納付方式と言うそうです。

この消印がなかった場合、税を納めたとは認められないため後で徴収されることになります。

では収入印紙自体を貼り忘れた場合はどうなるのでしょうか。

収入印紙が必要な金額の領収書に収入印紙を貼らなかった場合、金額が不足していることが発覚した場合などは、追徴課税が本来の3倍になってしまいます。

ですが、自身で貼り忘れに気付き申告すると追徴課税が本来の1.1倍に免除されます。

また故意に貼らなかった場合に関しては、1年以下の懲役もしくわ20万円以下の罰金に処されることもあります。

つまりそれだけ収入印紙を貼ると言うのは大事なことなのです。

逆に収入印紙の金額を間違えて多めに貼ってしまったり、貼る必要のない書類に貼ってしまったり場合は納める必要がないのに税を納めたことになるので税務署にきちんと申し立てをすれば還付を受けることが出来ます。

いかがでしょうか?

普段何気なく領収書に貼られている収入印紙はとても大事なものだったと気付いて頂けたでしょうか。

これからは少し気を付けて分からないものは調べた方が良いかもしれません。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

eight + six =