ファンデーションの下地と日焼け止めは両方必要?先に塗るか混ぜるのはOK?

ファンデーションの下地と日焼け止めは両方必要?先に塗るか混ぜるのはOK?

これから、夏に向けて紫外線を浴びることが増えてきます。

そこで活躍するのが日焼け止めです。

普段の化粧の際に、ファンデーションと下地にプラス日焼け止めを塗る方が多いかと思います。

ですが、下地と日焼け止めは両方必要なのでしょうか?

塗るなら先に日焼け止めなのでしょうか。

又、混ぜたりするのはいいのでしょうか。

疑問に思ってる方が多いかと思います。

今回はそんな疑問にお答えします!

ファンデーションの下地と日焼け止めが両方必要なのか、先に塗るべき?混ぜてもOK?についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

ファンデーション下地と日焼け止め両方必要?

まずそれぞれの効果を説明すると日焼け止めは紫外線から肌を守り、下地はメイクのノリを良くしてくれます。

効果としては全く別物です。

日焼け止めでしっかりと紫外線を防ぎ、下地で化粧のノリをよくするということから両方使うのが理想的です。

どちらか一方でも良いかと思いますが、効果を高めるためには両方使うのが理想的です。

どちらにも共通して肌を守る成分は配合されています。

なので重ね塗りが嫌な方はどちらか一方だけでもいいと思います。

又、最近は両方の効果が期待できる日焼け止めと下地が合わさったものもあります。

重ね塗りを避けるために、合わさったものを買うのも一つの手かと思います。

日焼け止めが先?下地が先?

メイクをする時、日焼け止めと下地どちらを先に塗るのが良いのでしょうか。

基本的な順番は日焼け止めを塗ったあとに下地を塗るのが良いです。

下地は後で塗ることで仕上がりが良くなります。

コツとしては、日焼け止めをしっかり塗って馴染んでから下地を塗ることです。

日焼け止めが馴染む前に、下地を塗ってしまうとムラになったり白くカスが出てしまうことがあります。

日焼け止めによってはパウダータイプのものの場合は下地を塗ってから、日焼け止めを塗った方が良い場合もあります。

日焼け止めのタイプによって使い分けるのも大事です。

【スポンサードリンク】

日焼け止めと下地を混ぜるのはいいの?

朝の時間短縮のために、日焼け止めと下地を混ぜて使いたいという方もいるかと思います。

時間短縮をしたい気持ちはわかりますがこの混ぜる行為はやめた方良いそうです。

混ぜてしまうと、本来の効果を発揮しない可能性が出てきます。

又、時間が経つとドロドロになり顔が酷いことになる可能性もあります。

できるだけ、別々で塗るののをお勧めします。

日焼け止めと下地の塗り直し方法

時間が経つとどうしても化粧は塗り直しが必要になってきます。

そんなとき、どのように塗り直すのが良いのでしょうか。

日焼け止めなどは2〜3時間ほどで塗り直すのが理想的とされています。

どうしても汗や手で触ってしまうことで落ちてしまうからです。

塗り直すときは、アイメイク以外をオフして一からやり直します。

落とす際にはコットンに乳液を垂らしてふき取ると良いです。

パフなどで抑えて直す方法もありますが、ベタベタになってしまう可能性とありますので気をつけてください。

もしどうしてもそんな時間はない!化粧は落としたくない!という方は、化粧直し用のおしろいなどでUV効果があるものやスプレータイプを使うのも手です。

ただしムラになりがちなので汗などはしっかりティッシュオフしてから直すようにしましょう。

 

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

ten − 9 =