服についたボールペンの落とし方!インクやシミを家庭で消す方法!

服についたボールペンの落とし方!インクやシミを家庭で消す方法!

服についてしまったボールペンやインクのシミを普段はどうしていますか?

もう落ちないと諦める方、擦ってしまいシミが広がってしまったりなど悩みの種だと思います。

なかなか消すことが出来ないシミに諦めて服を捨ててしまうこともあるかと思います。

ボールペンやインクのシミの落とし方を今回はご紹介したいと思います。

綺麗に消すことが出来たら、もう悩む必要はありません。

【スポンサードリンク】

ポールペンのインクの落とし方

まず大事なポイントは付いたポールペンのインクやシミが水性か油性かということです。

【油性ボールペン】

油性の場合は消毒用エタノールもしくわ除光液で落とすことが出来ます。

汚れた部分に垂らし、当て布をして後ろから叩きます。

すると当て布にシミが写ってきます。

消毒用エタノールや除光液は少しづつ垂らすようにしましょう。

除光液はペンのシミが落ちやすいです。

当て布は取り替えながら、ある程度落ちるまで繰り返し行います。

ある程度取れたら、洗濯機で普通に洗濯してください。

柄物などは色落ちしてしまう可能性があるので気をつけてください。

【水性ボールペン】

水性の場合は、シミの部分を濡らし石鹸でもみ洗いをします。

これもある程度落ちるまで繰り返し行ってください。

【スタンプインク】

年賀状などで使うスタンプインクを間違って袖に付けてしまったという経験はないでしょうか。

これも色が赤だったりして落ちにくく悩みの種かと思います。

このスタンプインクも家庭で落とすことが出来ます。

40度くらいのお湯にアルカリ性石鹸を溶かし、その中にシミの付いた服を浸します。

これで時間を置くと落ちますが、

もし残っている場合は洗濯する時に漂白剤を入れれば残って部分も落ちるかと思います。

【ヘアスプレーを使う方法】

他にも、ポールペンのシミを落とす方法としてヘアースプレーを使う方法があります。

シミが付いてしまった所に、ヘアースプレーを吹きかけ布で上から叩きます。

シミが薄くなるまでこの工程を繰り返し行いをます。

この際、布を少湿らせておくのがポイントです。

あとは普通に洗濯をしてください。

【スポンサードリンク】

時間が経ってなかなか取れないシミは?

時間が経ってしまい、なかなか取れないシミには酸素系漂白剤のオキシクリーンを使いましょう。

オキシクリーンは一度洗って残ってしまった油性のシミでも落とすことができるものです。

インクのシミなどは時間が経つとどうしても落ちにくくなってしまうので、付けたらなるべく乾いた布やキッチンペーパーなどで拭き取っておくのも大事です。

時間が経ってしまい、落とそうとしてもなかなか落ちないことが多いのでなるべく早く洗濯するように心がけてください。

又、綿製の服にはアルコールなどは意味がなく逆に広がってしまうのでお米を使った方がいいです。

摩擦でシミが落ちる可能性があります。

範囲が狭い場合は漂白剤を綿棒につけて、シミの上から叩くようにしてシミをとっても良いかと思います。

必ずその服に使用しても大丈夫か、確認をしてからシミ抜きするようにしてください。

中には変色や色落ちなどしてしまい、服をダメにしてしまうものもありますのでお気をつけください。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

19 + nine =