生姜パウダーの効果的な使い方!冷え性やダイエットに!

生姜パウダーの効果的な使い方!冷え性やダイエットに!

冷え症の対策に生姜を使用する方も多いかと思いますが、より効果的な使い方がある事はご存知でしょうか。その効果は、生の生姜よりも乾燥生姜を使用した方がより効果があらわれます。そこで、活躍するのが生姜パウダーです。乾燥生姜を自身で作るのは面倒ですが、生姜パウダーなら手軽に使えます。

今回は、手軽に使える生姜パウダーの効果的な使い方について書かせていただきます。

【スポンサードリンク】

生姜の効果について

人間は体温が1度下がると代謝が約12%落ち、免疫力は30%以上も低下すると言われています。現代は食生活や環境の変化によって体温の低下が進んでいて、低体温の方が増加傾向にあります。

35度台の体温がずっと続いた状態だと、排泄機能が低下したり、自律神経失調症やアレルギーなども出やすくなってきます。しかも、ガン細胞が最も増殖しやすい体温が35度なんです。

体温が36度台でも内蔵が冷えている隠れ冷え性という場合もあるので、注意が必要かもしれません。手足が冷える末端冷え性だけではなく、手足は温かいけど、腰やお腹周りを触ると冷たい方も冷え性に当てはまります。

身体の温度が低ければ、いくらダイエットしても脂肪を燃焼してくれませんから効果があらわれません。

そこで、生姜が活躍するわけです。生の生姜のジンゲロールという成分が血行を促進して手足を温めてくれますが、それは体内の深部の熱を手足に送り出す仕組みになっているため、身体の深部の体温は下がってしまいます。

ところが、生の生姜に含まれるジンゲロールという成分に熱を加えたり、乾燥させるとショウガオールという成分に変化します。そのショウガオールの成分効果が身体を芯から温め、冷え性を改善したり、脂肪を分解してくれるのです。

ショウガオールには、お腹を温める作用や消化吸収能力を高めます。体内の脂肪や糖質を燃焼してくれる働きがあるんです。内蔵を温めて働きをよくすることで便秘を解消し、デトックス効果があらわれます。また、冷え性の改善で浮腫みやセルライトを予防、代謝を上げてダイエットにも効果的なんです。

生姜パウダーの効果的な使い方

生姜パウダーは、乾燥させた生姜を粉末にしたものです。これなら、いつでも手軽に乾燥生姜を摂取できるので、毎日簡単に続けられます。ただ、何でもかんでも生姜パウダーを使って良い訳ではありません。

身体を冷やす作用のある陰性食品にあたる緑茶やお湯(お水)、白砂糖などは効果を半減させます。ですので、より効果的な使い方は、身体を温める作用のある陽性食品の紅茶や黒砂糖、蜂蜜などを一緒に摂取した方が良いでしょう。

●効果的な使い方●
・紅茶やココアに入れる
・蜂蜜に混ぜて、ヨーグルトにかける
・生姜焼きなどの調味料として使う
炊き込みご飯やお鍋に加えても良いですね。

冷え性改善やダイエットに効果的だと聞くと、ついたくさん摂りたくなりますが、良い効果があるからと言って摂り過ぎは要注意です。ショウガオールは抗酸化作用がとくに高く、この成分がガン予防が期待できると言われるほどですので、摂り過ぎは胃腸に負担をかけてしまいます。

1回の摂取量は生姜パウダー大さじ1杯程度が目安です。

【スポンサードリンク】

おわりに

おわりに、生姜パウダーの効果的な使い方と効能をまとめました。

●身体の深部から温める
その他にも次の効能が得られます。
・消化吸収能力を高める
・脂肪や糖質を燃焼する
・便秘解消
・デトックス効果
・冷え性改善
・浮腫み予防
・セルライト予防
・ダイエット効果

●身体を温める作用の陽性食品を一緒に摂取する
陽性食品とは、紅茶・黒砂糖・蜂蜜・牛肉・鶏肉・豚肉・魚・卵・チーズ・納豆・味噌などです。

●1日大さじ1杯が目安
生姜の摂りすぎは、胃腸に負担をかけてしまいます。摂取量に注意が必要です。

冷え性改善やダイエットに効果的な乾燥生姜。
生姜パウダーを日常的に取り入れて、その効果を是非、試してみてください。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

seven − 6 =