砂糖断ちの効果は?好転反応や禁断症状はみんな出るの?

砂糖断ちの効果は?好転反応や禁断症状はみんな出るの?

最近、色々な体の不具合を治すために砂糖断ちにチャレンジする方が増えています。

多くの食品に使用されている砂糖を断つことを砂糖断ちといいます。

砂糖断ちで体にはどのくらい効果が現れるのでしょうか。

また砂糖断ちにより、好転反応や禁断症状が出る場合があるそうですがそれは必ず出るものなのでしょうか。

今回は、砂糖断ちによる効果と砂糖断ちによる好転反応と禁断症状について紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

砂糖断ちの効果

砂糖断ちとは砂糖が使われている食品を完全に断つもしくは摂取を控えるようにすること言います。

普段の生活で砂糖が多く使用されているものと言えば、チョコレートやケーキ類などのお菓子やデザートです。

普段から甘いものは食べないという方は既に砂糖断ちしていることになります。

砂糖断ちは糖分を控えるという意味があります。

ですが、砂糖以外にも糖分を含んだものはたくさんあります。

ではなぜ砂糖を断つのが大事なのでしょうか。

砂糖の特徴として甘さだけではなく旨味も多くあるため中毒性が高いのが砂糖断ちに効果がある理由の一つです。

ご飯などに比べるとお菓子やケーキ類などは砂糖の甘さを最大限に引き立てて作られているためより一層中毒性が増すことになります。

この中毒性により甘いものが好きな方は砂糖により糖分を摂りすぎていることになるのです。

砂糖断ちをすることにより、糖分の摂取が抑えられバランスの良い食事をすることに繋がり体のバランスが改善されていくことに繋がります。

砂糖断ちによる禁断症状

なんでもそうですが、いきなり毎日食べていたものを止めると食べたいなという気持ちが高まってしまいます。

砂糖断ちも突然、止めてしまうと食べていた量が多い人ほど禁断症状が出る可能性があります。

禁断症状を防ぐためにも、いきなり止めるのではなく徐々に砂糖を断つことをお勧めします。

禁断症状としては、頭痛や下痢、嘔吐などの症状が現れる方もいます。

また甘さを断つことで、イライラしてしまい精神的に来る方もいますので気を付けなければいけません。

最初、甘いものは一日これだけと量を決めて、その量を減らしていき段階的に砂糖断ちするのが良いでしょう。

【スポンサードリンク】

砂糖断ちに好転反応

好転反応とは、砂糖断ちが順調にいっているときに頭痛や下痢などの症状が出ます。

禁断症状と違うところは、精神的なストレスを感じていないという点です。

我慢をしているうちにそれを自身で感じなくなってしまっているわけです。

砂糖断ちを続けていて精神的にストレスを感じていないのに症状が出たら好転反応だと思って良いでしょう。

これも誰でもなるというわけではないですが、砂糖断ちに何か気持ちに引っ掛かりができる場合は少しゆっくり砂糖断ちをした方がよいかもしれません。

砂糖断ちにはリスクがないわけではありません。

ただ砂糖を摂取しないというだけですが、自分の体調や精神面と相談しながら徐々に進めていくようにしてください。

無理をすると体を壊してしまうこともあります。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

sixteen + eight =