トイレットペーパーの三角折りのやり方がNG?マナーと本来の意味を伝授!

トイレットペーパーの三角折りのやり方がNG?マナーと本来の意味を伝授!

トイレットペーパーの三角折りについては、賛否両論あり、解決しない問題ですね。

三角折りがマナーだと言う人もいれば、マナー違反だと主張する人も。

どうも、やめてほしいと思っている人の方が多いようで、60%の割合が結果として出ています。

【スポンサードリンク】

トイレットペーパーの三角折りはNG?

ホテルや清潔なレストランのトイレに入った時、トイレットペーパーが三角に折られていると、「お掃除したてなのかな」と感じ、嬉しくなりませんか。

ところが、会社や家、ファミレスだと、「誰か触った感じがしてイヤだな」と感じてしまう人が多いようです。

トイレットペーパーを三角に折る習慣は、どうして始まったのでしょうね。

実際にホテルなどでは、お掃除が終わっているサインとして、トイレットペーパーを三角折りにするシステムのようですよ。

その高級感や、清潔感を身近なところでも感じたくて、三角折りをする人が増えたのかもしれません。

勘違いしてはいけないのが、その時感じた清潔感は、本当にお掃除したあとの清潔なトイレだったからです。

どこのトイレでも、トイレットペーパーを三角折りにすることが、清潔感を出しているわけではないと言うこと。

それに加え、どうも、トイレットペーパーを三角に折ることで「気の利く人にみられたい」と言う考え方が混在しているようで、物議をかもしだしてしまうようです。

トイレットペーパーの三角折りのマナーと意味

きちんとしたマナー教室などでは、トイレットペーパーを三角折りにすることは特に教えていないようで、むしろ、お掃除してくださる方のお仕事の邪魔との考え方もあります。

どうしても、知らない人がベタベタと触った気持ちはぬぐえませんし、明らかにお掃除直後でないなら、不快に感じる人もいるのです。

海外からの観光客などは、駅や公園のトイレでもトイレットペーパーを三角に折る日本人が理解できない様子。

どこのトイレに行っても「次に使う方のために、三角におりましょう」と書いてあるわけでもないですし、「三角折りはしないでください」とも書いてありません。

ということは、「どちらでもいい」のです。

マナーとして確立されているなら、どこかのトイレに注意事項として、掲げられてもおかしくないですよね。

肝心なのは、トイレは清潔に使用すると言うことです。

トイレットペーパーが三角に折られていなくても、お掃除が行き届いているトイレは清潔感を感じます。

汚れているトイレなのに、トイレットペーパーだけを三角に折ったところで、それは不快なものなのです。

でも、三角に折ってあると助かる点もありますよね、今はほとんどの公共のトイレに除菌クリーナーがあり、トイレに入ると、まずそのためにトイレットペーパーを取らなくてはならず、便座をふくためならサッと取れて便利です。

【スポンサードリンク】

トイレットペーパーの三角折りと消防士の話?

テレビでも放送されましたが、トイレットペーパーを三角に折り始めたのは、アメリカの消防士が素早く出動するためで、その三角の部分には「ファイヤー・ホールド」と名前もついていると・・・

すでに、これは作り話で、まったくの事実無根とわかっています。

消防士さんの話が本当だったら、日本中で折られている「三角」の意味が、余計にわかりませんよね。

日本中の人が出動準備中ではないし、むしろトイレはゆっくり入りたいものです。

トイレットペーパーが三角に折られていても、いなくても、清潔で居心地の良い事の方が大切ではないかと思いますよね。

【スポンサードリンク】

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 医療従事

    トイレットペーパーの三角折りは現在、どこの病院でも衛生上の理由から禁止になっています。
    感染の予防の為、三角に折らないように貼り紙で告知徹底しています。
    しかし残念ながら、地方の小さな病院や個人病院ではいまだ続けている場合があります。
    最新の衛生マニュアルに切り替える事が望まれます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

8 − six =