お風呂掃除には重曹とクエン酸が強い味方!

お風呂掃除には重曹とクエン酸が強い味方!

お風呂の掃除は、かぎられたスペースの中に違うタイプの汚れがあって、意外と面倒なものです。

お風呂用洗剤とカビ用洗剤、それでも鏡はキレイにならないし・・・

そんなお風呂掃除も、重曹とクエン酸があれば、低コストで全部キレイになっちゃいます。

【スポンサードリンク】

お風呂掃除の強い味方!重曹とクエン酸!

お風呂の汚れには、皮脂汚れ、手垢などの酸性のものと、石鹸、水垢などのアルカリ性の汚れがあります。

それらには、重曹=弱アルカリ性、クエン酸=酸性 で対抗します。

浴槽内は皮脂など酸性の油汚れなので、弱アルカリ性の重曹で、ガンガン落としていきましょう。

洗い場や鏡は、シャンプーの飛び散りなどのアルカリ性の汚れがついているので、酸性のクエン酸に頑張ってもらいます。

重曹が効くもの=浴槽内、イス、洗面器、おもちゃ、目地のひどい汚れ

重曹の使い方=粉状、ペースト(重曹2:水1)

クエン酸が効くもの=浴槽の外側、床、壁、シャワーヘッド、鏡、シャワーボトル、ボトルラック、浴槽のふた、入口のドア

クエン酸の使い方=クエン酸水(100均で売っているようなスプレー容器にティースプーン1杯のクエン酸を入れて水100ml)

重曹とクエン酸のお風呂掃除の手順

1.お風呂の残り湯にカップ1杯ほどの重曹を入れ、中にイスや洗面器を一緒に浸け込んで1晩放置する。

2.壁、床、浴槽のふた、ボトルラックなどをクエン酸水を吹きかけてスポンジでこする。

3.入口のドアの下の方や、シャワーヘッド、蛇口、鏡などは、水垢がこびりつくので、ティッシュにクエン酸水を浸みこませたものでパックする。汚れがひどい時は、その上からラップで覆い、30分くらい放置し、スポンジやブラシでこすりながら洗い流す。

4.目地汚れがひどい時は、重曹ペーストを塗り、そのうえからラップで覆い、30分くらい放置し、洗い流す。

5.浴槽の重曹水に浸けてあったイスなどをスポンジでこすり洗いし、浴槽もこすりながら洗い流す。

6.排水溝に重曹を振りまき、クエン酸水を100ml注ぎ、5分ほど放置して流す。

7.浴槽を乾燥させる。ピカピカになり終了。

【スポンサードリンク】

重曹とクエン酸の効果とは

重曹には、研磨作用があります。そのためひどい汚れを浮かせたあと、かきとることができるのです。また、消臭効果もあるため、香りのついた洗剤でごまかすことなく、嫌な臭いを消すことができます。重曹が臭いを吸収して、臭いを消します。

クエン酸にも消臭効果があります。こちらは、除菌効果による消臭です。嫌な臭いの元の雑菌を退治することで消臭効果を生みます。また、抗菌効果もあるので、使うことで菌の繁殖を防ぐことができるのです。

重曹とクエン酸は使いどころがたくさん

重曹は入浴剤として使ってもその効果を発揮します。

沸かしたお風呂に粉のまま大さじ2~3杯入れるだけで、体の皮脂汚れを浮かせて、消臭効果もあります。この時、クエン酸を小さじ3杯くらい一緒に入れると、流行りの炭酸風呂になり、血行促進にも役立ちます。ただし、そのまま出ると乾燥してしまうので、シャワーでよく洗い流してから出ましょう。

また、臭いを吸収する性質を利用して、カーペットや絨毯のお掃除にも役に立ちます。

粉のまま振りかけて、半日ほど放置したら、あとは掃除機で吸うだけ。

体からでた皮脂汚れも一緒に吸い取ってくれます。

クエン酸を洗濯機に入れて1回普通に回すだけでカビが取れて、除菌抗菌もされ、最適です。

重曹とクエン酸があれば、家中どこでもピカピカにお掃除できちゃうのです。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

three + 17 =