ノンシリコンシャンプーはパサパサになる?原因と本当に髪いいのか徹底調査!

ノンシリコンシャンプーはパサパサになる?原因と本当に髪いいのか徹底調査!

ノンシリコンシャンプーがいいというのはよく聞くけれど、実際使ってみたらパサパサした・・という経験をお持ちの方も多いのでは。

シリコン配合のシャンプーは髪の指通りをよくする成分が入っている為いつ使っても指通りなめらかになりますよね。かといってノンシリコンシャンプーにパサパサになる成分が入っている訳でもノンシリコンシャンプーが劣っている訳でもありません。

今回はノンシリコンシャンプーの特徴とシリコンシャンプーの違いを調査してみました!

【スポンサードリンク】

ノンシリコンシャンプーとは?パサパサになる?

そもそもシリコンとは、化学反応などによって出来る化合物で「油」のことを言います。

シャンプーの成分表にある「ジメチコン」「シクロメチコン」という表記がシリコンのことです。シリコンは髪に膜を張り手触りをツルツルにしてくれる役割があります。

シャンプーをする度に膜を作り手触りをよくしてくれますので、いくら毛がダメージを受けていても気づきにくく、シリコンシャンプーに変えた途端に髪のダメージに気づく方も多いのはこのためです。

そしてシリコンはしっかり落とさないと毛穴が詰まりやすくなります。背中にニキビが出来るのもこれが原因といわれています。

シャンプーの良し悪しはシリコンを配合しているかもそうですが、洗浄剤の良し悪しがかなり関係してきます。

ですのでノンシリコンシャンプーだからといってすべて髪に優しいかというとそういう訳ではなく、ノンシリコンシャンプーにも良いものと悪いものが存在します。

というのも安価なシャンプーは洗浄剤がとても強く、必要な油まで洗浄してしまうので髪が乾燥し痛んでしまうものが多いからです。
シリコン入りのものはその分シリコンをいれて手触りをよくしているのです。

ノンシリコンシャンプーでもドラッグストアなどで売っている比較的安価なものはこの洗浄剤が強いものが多いためパサパサが気になってしまうことが多いです。

美容室などのサロン専用のものなどはノンシリコンで良質のものを使用している分高価ですが、洗い上がりがパサパサになってしまうことは少ないです。

洗浄力が強い成分のものは洗う度にキューティクルを剥がしてしまうので、シリコンの有無もそうですが洗浄剤を確認することもおすすめします。

これは避けて!洗浄成分!

■アルキル硫酸Na
■ラウリル硫酸Na
■ラウリル硫酸カリウム
■ラウレス硫酸Na
■ラウレス硫酸TEA
■パレス硫酸 

上記のものはとても洗浄力が強く、必要な油まで取ってしまいカラーも落ちやすくなります。

これらの洗浄剤は安価で手にいれやすく、大量生産されているものがほとんどです。

ノンシリコンだからいいというわけではなく、洗浄剤がキツければノンシリコンでも髪にダメージが強いシャンプーということになります。

おすすめは主成分が「アミノ酸系」の洗浄剤です。低刺激で髪と同じアミノ酸なので髪や頭皮にもとても優しく、色落ちのダメージも少ないです。
ただし初めのうちは泡立ちに物足りなさを感じるかも。

■ココイルグルタミン酸K   
■ココイルグルタミン酸TEA
■ココイルケルコシンNa   
■ラウロイルメチルアラニンNa

【スポンサードリンク】

シリコンは悪者なのか?

シャンプーはノンシリコンとうたっていても、トリートメントはノンシリコントリートメントというのは聞いたことありませんよね。
実はトリートメントには【シリコン】が入っているものがほとんどなのです。

トリートメントは髪をコートするものなのでシリコンが入っていても関係ないのです。ただし髪にはつけても地肌にはつけないのはこのためです。

シャンプーとコンディショナーでは目的が違うのでノンシリコントリートメントとは言わないのですね。

シャンプー、トリートメントどちらにもいえることですが、しっかり成分をみてあまり安価すぎず良質なものを使うようにしましょう。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

3 × 5 =