納豆は朝と夜で効果に違いはある?どっちに食べるのがいい?

納豆は朝と夜で効果に違いはある?どっちに食べるのがいい?

納豆が健康や美容に効果があることは皆さん知っているかと思います。

では皆さんは納豆を朝食べてますか?夜食べてますか?

納豆は朝と夜、食べる時間によって効果が違うことは知っているでしょうか。

朝と夜で納豆の食べる時間よって、どこに効果があるか変わってしまうのです。

納豆は朝と夜どちらに食べた方が良いのでしょうか。

今回は納豆をいつ食べたら効果的なのかご紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

冷え性で悩んでいる方は朝!

冷え性で悩んでいる方は納豆を朝食べるのがおすすめです。

多くの女性が悩んでいる悩みで多いのが冷え性かと思います。

なぜ冷え性の方に朝食べる納豆がいいかと言うと納豆には良質なタンパク質が含まれています。

このタンパク質は消化される際にたくさんの熱を発生させます。

朝起きたばかりの体はまだ体温が低い状態のため、冷え性の方はそこからなかなか体温を上げれないことか多いのです。

1日中低いままでいないためにも納豆によって発生する熱で体を温め冷え性を改善していくのが大事です。

コレステロールが高い人は夜!

中性脂肪やコレステロールが高い人は夜に納豆を食べることをお勧めします

コレステロールの高い方などは血流の流れがスムーズではないため夜眠り心臓などがお休みモードになり朝また動き出すと血流に粘りがあるため心臓に血液が行き渡らなくなり脳梗塞などを朝に起こすことが多くなります。

納豆には血流の流れをサポートする効果があるので、夜に食べるのが良いとされています。

肌荒れが気になる人は夜!

朝、鏡を見て肌荒れで気分が下がるという方は夜に納豆を食べてください。

肌は寝ている間に成長ホルモンというものが多く分泌され肌の修復をおこないます。

その成長ホルモンの材料になるのが納豆に含まれているタンパク質なのです。

つまり美肌を作りたい方は夜に納豆を食べて体に栄養与えると良いことになります。

【スポンサードリンク】

納豆は結局、朝と夜どちらがいいの?

症状によって食べるタイミングは違いますが、総合的に見ると夜食べた方が体には効果があります。

納豆を食べることにより血液がサラサラになり寝ている間に体に栄養が巡ります。

これにより肌などが修復され朝には効果が実感できるかと思います。

又、納豆は冷蔵庫で2、3日置いてから食べるとより効果を期待することができます。

冷蔵庫で寝かすことにより、納豆菌やビタミンなどの有効成分の量が増えると言われています。

他にも納豆を食べる際は常温に戻しておくと良いです。

常温に戻すことで、発酵が進みます。

大体、食べる20分前くらいに冷蔵庫から出すと良いでしょう。

納豆が苦手な人は加熱してしまいがちですが納豆に含まれるナットキナーゼは熱に弱いのが特徴です。

熱を加えることで成分が壊れてしまう可能性があるので出来ればそのまま食べましょう。

食べる目安としては1日1パックがちょうどいいです。

あまり大量に食べ過ぎると、大豆に含まれるイソフラボンによりホルモンバランスが崩れてしまう可能性があります。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

four × 4 =