毛嚢炎とニキビの違いは?正しい治療方法を説明します!

毛嚢炎とニキビの違いは?正しい治療方法を説明します!

肌トラブルの中でも間違い易いのが毛嚢炎とニキビの違いです。

ニキビとよく似た症状のため、毛嚢炎であってもニキビと勘違いしてしまう方が多いようです。

毛嚢炎は滅多に重症化するものではありませんが、悪化すると病院に行かなくてはいけないことになり兼ねない肌トラブルの一つでもあります。

毛嚢炎もニキビと同じできちんと治療すれば跡が残ることもなく治ります。

今回は毛嚢炎とニキビの違い、正しい治療法も合わせてご紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

毛嚢炎とニキビの違いとは?

症状が似ているためニキビと間違われ易い毛嚢炎ですがニキビとはどう違いがあるのでしょうか。

【毛嚢炎とは?】

毛嚢炎とは毛穴の内部にブドウ球菌が感染して炎症を起こす皮膚病のことです。

毛包炎や毛濃炎とも言われる毛嚢炎は赤く小さいブツブツができた状態で見た目はニキビのようですが、ニキビとは別物です。

【毛嚢炎の症状とは?】

・毛穴の上に軽い炎症が起きる
・赤いブツブツができる
・中央部分にニキビのように膿が見える状態になることがある
・痒みはない
・症状が進行すると化膿することがある

【毛嚢炎の原因とは?】

ニキビと大きく異なるのは毛嚢炎になる原因です。

毛嚢炎が起きる原因は主にカミソリや毛抜きなどのムダ毛の処理したときなどがほとんどです。

カミソリなどで深剃りや逆さ剃り、毛抜きによって毛穴に傷が付くことで毛嚢炎になってしまいます。またワックス脱毛や脱毛テープも毛嚢炎になることもあります。

毛穴が傷付くことでそこからブドウ球菌などが侵入し発症する毛嚢炎ですが、ブドウ球菌は皮膚常在細菌の一つでどんな人の肌でも存在しています。

 

毛嚢炎の治し方

毛嚢炎はニキビのように皮脂の汚れがあるものではなく、毛穴が傷ついて細菌感染を起こしている状態でこれ毛穴の浅い部分で軽く炎症している状態です。

そのためたいていの場合は放っておいても数日で改善にされます。軽度の炎症であれば色素沈着も起こらず残る場合がほとんどのようです。

もし、赤いプツプツが広がったり全体的に広がるのようなら雑菌が繁殖している可能性があります。

その場合はすぐに皮膚科に行くことをお勧めします。

毛嚢炎を悪化させないためにも軽度のうちにケアしておくことが大事になります。その場合は抗生剤や市販の塗り薬で治りますが、なかなか治らない場合はやはり早めに皮膚科に行くようにしましょう。

【スポンサードリンク】

毛嚢炎を予防するには?

毛嚢炎は原因のところでご紹介した通り、ほとんどの場合はカミソリや毛抜きなどの脱毛が原因です。

このように毛を抜くという行為は毛穴に対してとても負担のかかる行為です。

脱毛の途中で血が出たり、血を出さずに上手に抜いたとしても実際はとても毛穴は傷ついています。

これを繰り返すと色素沈着を起こし、黒ずみの原因ななってしまいます。

■カミソリを使用する場合

ムダ毛の処理をする場合は肌をお湯できちんと温め、皮膚を清潔にした状態でムダ毛の処理をするようにしましょう。

必ず、ボディーソープや石鹸などではなくシェービングジェルなどを使って処理するようにしましょう。

処理後は冷水で肌を冷やすことで毛嚢炎を防ぐことができます。

お風呂から上がったら必ず、化粧水などで保湿することを忘れないでください。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

two × 1 =