寝つきが悪い子供・赤ちゃんへの対策はコレ!早く眠れるようになるコツとは?

寝つきが悪い子供・赤ちゃんへの対策はコレ!早く眠れるようになるコツとは?

子育ての悩みの中でも多くの方が悩んでいるのが寝つきが悪い子供や赤ちゃんではないでしょうか。

可愛い我が子に変わりはありませんが、やはり夜なかなか寝てくれないとお母さんも疲れが溜まってしまいます。

赤ちゃんは睡眠サイクルが赤ちゃんによって異なることもあるのでなかなか寝かしつけるのが難しいのも現実です。

寝つきが悪い子供をお持ちのお母さんも、何回も子供が起きてしまい家事がなかなか進まないのでイライラしてしまうとい方もいるかと思います。

今回はそんな悩みを抱えているお母さん方へ対策をご紹介したいと思います。

寝つきが悪い子供や赤ちゃんで悩んでいる方の手助けになればと思います。

寝つきが悪い子供や赤ちゃんへの対策

子供や赤ちゃんの寝つきを良くするために必要なのが、寝かしつける前の2時間はテレビやゲームを控えることです。

大人がスマホやテレビでゲームなどをしているのと同じで子供や赤ちゃんもテレビやゲームで寝れなくなってしまいます。

これはブルーライトの影響により、睡眠を促すホルモンがが分泌されにくくなってしまうからです。

出来るだけ、早めにテレビを消して脳に寝る準備をしてあげることが寝かしけには大事になってきます。

テレビのない部屋に移動して少し時間を空けてみるなど対策を取ってみてください。

テレビを消す時間を家族で決めておくのもいいかもしれません。

生活リズムを整える

次に生活リズムを整えるよいうことです。

子供でも赤ちゃんでもなかなかお昼寝してくれず、夕方にパタと寝てしまうなんてこと経験あるかと思います。

無理にする必要はありませんが、やはりお昼寝をさせておくと体内のリズムが整い夜ぐっすり寝てくれる傾向にあります。

そのためには早寝早起きの生活リズムを子供と赤ちゃんと一緒にお母さん方もつける必要があります。

他にも、午後の時間はお散歩に行き太陽にあたるなども有効的です。

特に赤ちゃんは太陽にあたるだけでも体力を使うので、なかなかお昼寝してくれないという子はお散歩に出て見るのもいいかもしれません。

私たち、大人もそうですが体が温まると眠たくなったりしませんか?

子供や赤ちゃんも同じです。

抱っこやおんぶなど寝るのは人の体温で安心するからです。

添い寝をしてあげたり、冬は湯たんぽなどを使うのも有効かと思います。

子供であればホットミルクなど温かい飲み物を飲ませてから寝かしつけるのもいいかもしれません。

一番体が温まるのはお風呂ですが寝る前は目が覚めて良くないとも言われますが、寝る1時間前くらいに入るとお風呂は良いそうです。

特に赤ちゃんはお風呂でもかなり体力を使うので、お風呂上りい白湯を飲ませるのも良いかもしれません。

【スポンサードリンク】

部屋を真っ暗にしない

子供や赤ちゃんの中には暗闇が怖いと感じる子もいます。

真っ暗だと何か不安に感じて泣き出す子もいると言われています。

普段は電気を消すとい方も、豆電球など環境を変えて見てください。

子供の場合は絵本を読んであげると安心しすぐ寝てしまう子もいます。

最近は寝かしつけ専用の絵本なども出ているのでそういったものを使ってみるのも対策の一つになるかと思います。

一番大事なことは寝かしつける側のお母さんやお父さんが気持ち落ち着け笑顔で子供や赤ちゃんに接することです。

どうしても早く寝かしつけたくて気持ちがイライラしたり焦ったりしてしまうかと思います。

子供や赤ちゃんは敏感にそういう感情を察してしまいます。

出来ない日もある、そんな日もあるそんな気持ちで明日は早く寝ようね、そんな気持ちで寝かしつけるのが大事かと思います。

どうしても疲れてしまった時は子供に愛してると伝え一緒に寝てあげるのが大事かと思います。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

18 + eight =