寝ても寝ても眠い!これって疲れ?病気?人生の転機が訪れるサイン?噂の真相は?!

寝ても寝ても眠い!これって疲れ?病気?人生の転機が訪れるサイン?噂の真相は?!

ちゃんと寝たはずなのに寝ても寝ても眠い・・・ってことありますよね。

誰もが1度は経験していると思いますが、この状態が毎日続いているなら、それには何か原因があるかもしれません。

寝ても寝ても眠い!という時は人生の転機が訪れるサインで、身体がその時の為に休んでいるという説も聞きます。

今回は、寝ても寝ても眠いのは、疲れ?病気?それとも人生の転機?そんな噂の真相に迫ります。

【スポンサードリンク】

寝ても寝ても眠いのは、疲れ?病気?

たっぷり寝たはずなのに、眠くて頭がはっきりしない、やる気がでない、などは、実は眠れていない、「睡眠障害」の可能性があります。

自分は、布団に入って目をつぶっているし、意識もないから寝ているのだ、と感じますが、実は、体は横になっていても、体の中と脳が起きている状態なんです。

就寝前に、PCやスマホを見ながら寝たりすると、強い光が脳を刺激したまま、睡眠に入ります。

すると、体は寝ましたが、脳はまだ興奮状態のため、休むことが出来ないでいるのです。

日中、強いストレスを受けた人にも同じことが言えます。

脳ではピリピリと交感神経が起きていて、リラックスした睡眠モードにスイッチが切り替わらないのです。

これでは、睡眠がとれていないのと一緒です。

自分は寝ているつもりでも、体は睡眠不足を起こしているのです。

もう何日も寝ていない状態なのかもしれません。

【ナルコプレシー】

日中に激しい眠気が襲う病気に、ナルコプレシーがあります。

これは、どんな状態にいても、突然我慢できない眠気に襲われ、実際に寝てしまいます。

会議中や車の運転中にも起こる可能性があるため、大変危険を伴います。

ただ、このナルコプレシーには、カタプレキシーと言う情動脱力発作が併発します。

カタプレキシーは、びっくりしたり、大笑いしたり、激しく感情が動いた時に、体の筋肉が脱力してしまう症状です。

それは、筋肉の1部の場合もあるし、全身の場合もあり、倒れてしまうこともあります。

もちろん、これは心療内科で診てもらう必要があります。

【スポンサードリンク】

寝ても寝ても眠いのは、人生の転機が訪れるサイン?

睡眠が、スピリチュアルな意味を持つことが多いのは本当です。

化学では解明できないことは、たくさんあります。

それは人間には、「シックスセンス」と言われる<第六感>が備わっているためですが、この眠気と転機の関係については、あの江原啓之さんの言葉なので、より信ぴょう性が増しますね。

それは、「転機を迎えると人は眠くなる」、そして「眠気はあちらの世界との作戦会議」と言うものです。

ご先祖様や、自分を取り巻くあちらの世界の方々が、この先の人生について作戦を立てていると言うのです。

なるべく良い方向へ向かう作戦を立ててほしいものですが、これは今までの自分のおこないが左右するものなので、神頼み、ならぬ仏様頼み、が効くかは、わかりません。

また、大切な人を亡くしたときなど、何日も目覚めずに眠り続け、周囲を心配させることがあります。

この状態は、少しでもその人と一緒にいたいため、魂が抜けていると言われています。

毎日、おそってくる眠気の中で、毎回同じ人が出てくる夢などにも意味があるようです。

また、ウトウトしただけなのに、とてもリアルな夢だったり、夢の中でハッキリと何かを告げられたりした時には、良く思い出してみると、何かのサインかもしれません。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

16 − twelve =