口内炎は栄養不足が原因て本当?ストレスとの関係は?

口内炎は栄養不足が原因て本当?ストレスとの関係は?

出来ると痛くてなかなか治らずイライラするのが口内炎です。

仕事が忙しい方やストレスを感じると出来ると言う人も多いかと思います。

他にも食事が不規則な方や栄養が偏ってしまい口内炎が出来るという方もいるかと思います。

口内炎が出来る原因は様々ですが、原因はいったいどこにあるのでしょうか。

今回はそんな疑問にお答えしようと思います。

栄養不足だと本当に口内炎が出来るのか、ストレスが多い生活しているのは口内炎の原因なのか、疑問の解決の参考にして頂ければと思います。

【スポンサードリンク】

そもそも口内炎とは?

口内炎はただ痛いだけではなく、食べ物を食べるたびに痛みが走り食欲も減退してしまったり、精神的にも憂鬱な気分になってしまいます。

では口内炎とはどんなものなんでしょうか。

口内炎は、口腔内に白い膜状のものが発生し周りが赤く炎症を起こし痛みを伴うものを口内炎と言うそうです。

口内炎は歯磨きの時など触ると痛いのが特徴です。

他にも、歯で間違って噛んでしまったり、虫歯や歯がかけ口腔内を傷つけてしまい発症してしまうケースもあるそうです。

最後の原因は未然に防ぐことも出来るので歯は健康的に保って置くことも大事と言えるでしょう。

栄養不足が原因の口内炎

口の中を健康に保つにはビタミン類が必須になります。

そのため栄養が偏った生活をしていると口内炎が出来るというのは本当です。

その中でもビタミンB群が不足すると口内炎が出来やすくなります

口の健康を保つには普段からなるべくバランスの良い食事を心がけましょう。

食事だけではなかなか難しいという方はビタミンBやCなどが入ったサプリメントを服用するのも効果的です。

【スポンサードリンク】

ストレスが原因の口内炎

仕事などで体がストレスを感じると、体は栄養の消費を激しくします

それと同時に食事が栄養不足になることで口内炎が出来やすくなります。

ストレスを感じ睡眠不足になると栄養が体に吸収されにくくなるので口内炎が出来る原因をさらに増やすことになります。

口内炎は免疫力が落ちた体に出来やすいとも言われていますので、なるべく睡眠をきちんと取り体を休める時間を作ることが大事かと思います。

逆に、口内炎が出来やすい人はそれだけ体が疲れて、免疫が落ちているということかと思いますので体のサインだと覚えておくのもいいかもしれません。

ストレスは免疫力を落とすだけではなく、唾液の分泌量を抑制しドライマウスを引き起こすこともあります。

唾液には抗菌作用がありますので、口の中を傷つけてしまったりした時に口の中で菌が繁殖するのを抑える効果や、炎症を起こす前に菌を洗い流してくれたりします。

ストレスによって唾液の分泌が少なくなれば、口内炎を引き起こす原因を沢山作ってしまうということです。

口内炎が日常的に出来てしまう方は生活習慣を見直し、虫歯などはなるべく放置しないように心がけることが大事と言えるでしょう。

口内炎は1週間から2週間程度で基本的には自然消滅してしまうものです。

しかし、どうしても痛くて食事が出来ないと長引く原因にもなるので市販の塗り薬などに頼るのも一つの手かと思います。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

12 − 6 =