股関節が硬いと太る?硬くなる原因は?簡単なストレッチ方法公開!

股関節が硬いと太る?硬くなる原因は?簡単なストレッチ方法公開!

よく言われるのが股関節が硬いと太るということです。

なぜ股関節が硬いと太ると言われるのでしょうか。

そもそも股関節が硬くなる原因はどこにあるのでしょうか。

股関節は簡単にストレッチで解消することが出来ます。

今回は股関節が硬くなることで太る原因とそれを解消する簡単なストレッチをご紹介します。

【スポンサードリンク】

股関節が硬くなるのはなぜ?太る原因になる理由

股関節が硬いと太る原因になるのはなぜなのでしょうか。

その理由は簡単に言うと体が硬かったり、股関節が硬いと血行が悪くなり基礎代謝が落ちてしまうのが原因です。

基礎代謝が下がることで痩せにくい体が出来上がってしまいます。

体温が1度下がると12パーセントも代謝が落ちると言われています。

血行良くして、冷えなくすことが痩せることへの一歩に繋がるわけです。

また股関節を柔らかくすることで可動域が広くなり、体を大きく動かすことに繋がるので消費カロリーも増えます。

特に股関節が硬くなると下半身太りに大きく繋がります。

股関節を柔らかくすると足の可動域が広くなるため全身痩せ効果があると言われています。

ではなぜ股関節は硬くなってしまうのでしょうか。

股関節が硬くなるとうのは、股関節の骨が硬いのではなく周りの筋肉が衰えることで股関節が硬くなります。

股関節の周りには色々な筋肉がありますが、足全体を動かしているのは股関節の周りの筋肉です。

この筋肉が衰える原因は加齢や運動不足が原因と言われています。

股関節の筋肉が衰えると姿勢が悪くなったり、転倒しやすくなったり、腰痛などを引き起こすと言われています。

【スポンサードリンク】

股関節を柔らかくする簡単ストレッチ

1、まず、床に座りあぐらのポーズで両足の裏を合わせます。

合わせた足先を手で押さえ、ゆっくり息を吐きながら前に倒れます。

戻るときも同じく息を吐きながら、姿勢を戻します。

2、次に、仰向けになります。

両手で膝を抱えて息を吐きながら体に近づけていきます。

片足ずつ2セット行いましょう。

その他にも普段から少し股関節を意識して歩くことで、股関節を柔らかくすることが出来ます。

大股で歩くことを意識しながら歩いたり、姿勢が猫背にならないように姿勢を正しながら歩くのもストレッチになります。

お腹を引き締めながら、股関節を伸ばすようなイメージで歩くのもストレッチ効果があります。

【おすすめストレッチ】

女性に多い、股関節が内側に向いてしまっている内股伸ばす方にお勧めのストレッチをご紹介します。

1、立ち姿勢で行いますので、背もたれ付いている椅子を用意してください。

2、バランスを崩さないように椅子を掴みながら、膝を曲げて片足を上げます。

3、上げた足を胸の方へ高くあげます。

4、外側に開きながら、おへそを前に向けたまま足の付け根からしっかりと開きます。

5、開いた足をおろし、この繰り返しを1日3セット行います。

股関節を柔らかくするには、ストレッチも大事ですが体を温めることも大事です。

ゆっくりお風呂に入り体を休めながらストレッチをするとより効果的でしょう

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

2 × 5 =