バターコーヒーのバターとMCT オイルは代用でも平気?体脂肪が減るメカニズムを解説!

バターコーヒーのバターとMCT オイルは代用でも平気?体脂肪が減るメカニズムを解説!

バターコーヒーはダイエット効果があると密かに話題になっているコーヒーです。2015年9月に発売された「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」という本で紹介されていました。

痩せると話題になっているバターコーヒー(完全無欠コーヒー)について、具体的にどんな効果があるのか、家で簡単に作れる方法などを調べました!!

【スポンサードリンク】

バターコーヒーの効果について

まずはバターコーヒーを知らない方のために簡単に説明をしましょう。

冒頭で紹介した本「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」はアメリカでベストセラーを獲得しています。

これに取り上げられたバターコーヒーですが、この本のキャッチコピーに「毎日0.5kgやせて、パフォーマンスが最大化する」と書いています。

これは、いかに無駄な食事を省き、自分の持っている力を最大限に発揮できるような食事を取るかがこの本のテーマなのです。

このバターコーヒーとは、コーヒーにバターとオイルを混ぜ合わせたコーヒーの事です。バターコーヒーを飲めば、空腹を感じず、食事量が自然と減ります。1日3食のどれか1食をバターコーヒーに置き換えることでダイエットの効果があり、個人差はありますが毎日0.5kg痩せるのです。更に、頭の回転が早くなり、仕事の効率が上がるそうで、とても良い効果があると言われています。

でも、コーヒーにオイルとバターを混ぜ合わせるなんて、逆に太りそうで疑わしいですよね。しかも、どれか1食をバターコーヒーに置き換えなんて、栄養も足りてないのでは?と思いますが、バターコーヒーを毎日飲むこと自体は全く問題ないそうです。

バターコーヒーの効果を得ることが出来るのは、バターコーヒーに使うそれぞれの品質に秘密がありました。

バターコーヒーの材料と代用・体脂肪が減る秘密

コーヒーにオイルとバターを混ぜ合わせるなんて、本当に身体に良いのでしょうか。それぞれの品質とはどんなものか、必要な材料と代用品、その効果について説明します。

『良質なコーヒー豆』
コーヒーに含まれるカフェインは交感神経を刺激するので体内の臓器が活発になり、エネルギー消費が増加します。
一般的なコーヒーには「カビ毒」というカビが大量に含まれているので、安物のコーヒーは避けてください。カビ毒の割合は50%以上で構成されているので、バターコーヒーに使うものはカビ毒大量の安物のコーヒーではなく、スペシャルティコーヒーという認定を受けたコーヒーがおすすめです。

基本的にはコーヒー豆から作るのですが、家で簡単に作るなら、オーガニックインスタントコーヒーで代用がききます。

『グラスフェッドバター』
グラスフェッドバターとは牧草のみ食べて育った牛の乳から作られたバターです。無農薬の牧草のみで育てられているので、余分な毒素がなく、栄養価も高いバターです。中性脂肪やコレステロールを減らしてくれる不飽和脂肪酸を多く含んでいます。一般的な普通の乳牛のバターは、中性脂肪やコレステロールを増加させると言われているので、全く逆の効果ですね。

これは、高級スーパーに売っていますが、普通のスーパーでも買えるAOP(原産地呼称保護)認証のバターで代用出来ます。

『MCTオイル』
これは、体脂肪として蓄積されない中鎖脂肪酸のオイルで、不純物が少なく、すぐに分解します。食物繊維も豊富に含まれ、腸内の善玉菌が活発になり悪玉菌の働きを抑制するので、便秘などにも効き、美肌効果もあります。中鎖脂肪酸が直接脳の栄養素として利用されることから脳の回転が良くなります。一般的な油は分解されにくく、体内に蓄積されて体脂肪となってしまいます。

MCTオイルは代用として、ヴァージンココナッツオイルが使えます。ヴァージンココナッツオイルとはMTCオイルと同じで、無精製、無添加、非加熱抽出のココナッツオイルで添加物や化学物質は一切使用されていないものです。

*ココナッツオイルについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

バターコーヒーと聞くと油でギトギトしていかにも太ってしまいそうなコーヒーを連想してしまいますが、この良質なバターとオイルを一緒にとることによって逆に中性脂肪やコレステロールを減らしてくれるんですね。

【スポンサードリンク】

バターコーヒーの作り方

とても良い効果がみられるコーヒーの作り方なので、面倒なのでは?と思ってしまいますが、簡単に作ることが出来ます。

  • 水:400mL
  • コーヒー豆:2杯(お好みで調整)
  • グラスフェッドバター:大さじ2杯
  • MCTオイル:大さじ2杯

コーヒーはコーヒーメーカーなどで作ります。これが面倒なら、良質なコーヒー豆を使用したドリップコーヒー1カップずつ個装されているもので代用してください。コーヒーの濃さなどはお好みに合わせて大丈夫です。

コップにあらかじめ、バターとオイルを入れて、コーヒーを入れて、混ぜ合わせるだけで出来上がりです。

ここで気を付けたい事は、ただ、スプーンで掻き混ぜるだけでなく、きちんと混ぜ合わせることがポイントです。スプーンでも小さい泡立て器でもいいですが、より良いのは電動ブレンダーを使用して、しっかり混ぜ合わせる事が効果を感じやすくなります。

特にオーガニックインスタントコーヒーを使用する場合は、ドリップコーヒーに比べ混ざりにくくなっているので、スプーンではなく、ブレンダーを使う方が良いでしょう。
MCTオイルはあまり摂取すぎるとお腹を壊しやすくなってしまいますので、初めは大さじ1杯くらいにしておいて慣れてきたら分量を増やしていきましょう。

おわりに

バターコーヒーの材料代用と効果をまとめました。

●代用●
スペシャルティコーヒー豆は、良質なコーヒー豆の個装されているドリップコーヒーもしくは、オーガニックインスタントコーヒー
グラスフェッドバターは、AOPバター
MTCオイルは、ヴァージンココナッツオイル

●効果●
ダイエット効果
美肌効果
集中力増加

バターコーヒーのダイエットは1日2食です。栄養が偏らないように気を付けてください。どんなダイエットにも言えることですが、バランス良い食事を摂るように心掛け、軽い運動を取り入れるようにしましょう。

そうすれば、バターコーヒーの効果が更には感じられると思います。ダイエットに興味がある方は、是非試してみてはいかがでしょうか?

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

10 + one =