漢方で不妊に効くと有名なのは?値段の相場や保険適用にすることは可能なの?

漢方で不妊に効くと有名なのは?値段の相場や保険適用にすることは可能なの?

現代の多くの女性が抱えている悩みが不妊ではないでしょうか。

そんな不妊という悩みに、漢方で効果があるとされているものがあるのは知っていましたか?

漢方と言っても色々ありますが不妊に効果があると言われる有名なものはどんなものがあるのでしょうか。

いざ、漢方を処方して貰いたいと思っても不安なのが値段かと思います。

漢方を処方して貰う際に保険適用にして貰うにはどうしたら良いのでしょうか。

今回は、不妊に効果があるとされる有名な漢方とその漢方を処方して貰う際の値段や保険適用の方法についてご紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

不妊に効果があるとされる漢方

漢方と聞くと、馴染みがなく飲んだことはあまりないと言う方もいるのではないでしょうか。

そもそも漢方とはいったいどんなものなのか簡単にご説明します。

漢方というのは中国伝統医学です。

漢方は医師が患者を診察し、体質などに合わせて植物や鉱物、動物などの自然界で作れたもののことを言います。

現在は薬局などでも取り扱いが多く、気軽に手に入れることも出来ます。

漢方は先天的な体質の不妊には効果がありません

後天的な不妊には効果があります

漢方では元々弱っている部分を強くしていくというのが考え方ですので、体のバランスの崩れている所をなおしていくものです。

漢方の中でも生理不順などに効果があるとされるのが、
補中益気湯十全大補湯などです。

ストレスなどの精神的なものが原因の不妊には逍遙丸などが効果があると言われています。

漢方は原因によって効果のある漢方が異なってきますのでお医者さんにより詳しく症状を説明することが大事になってきます。

また漢方にも副作用はあります。

体質などで合わないものもあるのでお医者さんとの相談が大事になってきます。

漢方にはメリットとデメリットがあるのも忘れてはいけません。

未病などは漢方が効果的と言われていますが、手術などを必要とする症状には向いてないとされていますので不妊の原因をきちんとつきとめることも大事になってきます。

【スポンサードリンク】

漢方の値段は?保険適用にするには?

漢方の値段とはどのくらいかかるものなのでしょうか。

漢方を自腹で支払う場合、ものによりますが1万〜2万円ほどかかります。

場合によってはもっとかかる可能性もあります。

薬代としてはかなり高額かと思います。

では漢方を保険適用にするにはどうしたら良いのでしょうか。

まず保険適用にするには医師の処方箋が必要になってきます。

処方箋があると大体約3割ほどの負担で済むと言われています。

そのためには、漢方を扱っている病院を探す必要があります。

最近は漢方を取り扱っている病院を検索するサイトなどもありますので、近くの病院を検索してみてください。

個人の病院だけではなく、総合病院でも取り扱っている所もありますのでしっかりと検査をして漢方で効果がある場合は漢方を選ぶことも出来ます。

自分の症状にあった、病院と薬を見つけるようにしましょう。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

sixteen − 5 =