女性の薄毛の原因は?薄毛治療ってどういうことするの?

女性の薄毛の原因は?薄毛治療ってどういうことするの?

前より、髪の毛の量が少なくなったと感じたり、明らかに分け目が広くなったり、女性の薄毛は深刻です。

薄毛と言えば男性の悩みと思っていましたが、女性も密かに悩んでいたのです。

やっと最近、女性専門の薄毛治療が充実してきたようですが、いったいどんな治療がおこなわれているのでしょうか。

そこで今回は、女性の薄毛の原因と、薄毛治療について調べてみました。

【スポンサードリンク】

女性の薄毛の原因はどんなことが影響してる?

女性はホルモンの影響を受けやすく、加齢や更年期障害、妊娠などで、薄毛の原因となることが多いのです。

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあります。

この2つのホルモンは、女性としてのさまざまな機能に影響を及ぼします。

エストロゲン=美しい髪を作り出す

プロゲステロン=ヘアサイクルを安定させる

髪については、この2つの働きによって、ふさふさと輝く髪を作り出してくれていたのです。

ところが、加齢により、これらのホルモンが減ってしまうと、美しくふさふさした髪を作ってくれるものがなくなってしまうため、薄毛に悩むことになってしまうのです。

妊娠によって、薄毛になってしまった場合は、この2つのホルモンがバランスを崩したことで、髪に影響がでてしまったと考えられます。

女性のヘアサイクルってどれくらい?

通常、髪の毛には、生まれてから抜けていくまでの、流れが決まっています。

■成長期 毛髪が生まれて、成長を続ける期間

■退行期 成長が止まり、最後に向かっていく期間

■休止期 毛が抜けて、毛根がお休みする期間

これらを、4~6年周期で繰り返しています。

ところが、ホルモン低下を起こすと、1年で抜けてしまったり、ひどいと数か月で抜けてしまい、毛が成長しない状態になってしまうのです。

また、最近では女性ホルモンだけが原因ではなく、男性と同じパターンの薄毛を起こしている人が増えてきて、FAGA(女子男性型脱毛症)と言われています。

【スポンサードリンク】

女性の薄毛治療ってどんなことするの?

女性のヘア専門クリニック、その数は近年、急増しています。

そこで、どのクリニックも同じく、まず一番大切にしていることは、「カウンセリング」です。

カウンセリングを大変重要と考えていて、その理由は、女性の薄毛は、男性よりもひとりひとりの原因や状態が異なるためです。

そのため、治療方針や、使う薬、その服用の仕方、注射の仕方など、それぞれ慎重に考えられているようです。

行われている内容は様々で、頭皮の油分や固さ、血流を改善する為にヘッドスパをしたり、内服薬や外用薬の処方、超音波やレーザー治療を行っているところもあります。

状態によっては植毛をおすすめする場合もあるようです。

いずれにしても、しっかりと相談し納得した上で行うようにしましょう。

また、女性にとって、とてもデリケートな部分なので、不安にならないようなクリニック作りにも力を入れているクリニックが多く、どちらのクリニックも大変キレイなところが多いのでリラックスして相談してみて下さい。

女性の薄毛治療で使用する薬はどんなものか

薄毛の治療薬で、「プロペシア」や「アボルブ」などは、男性にしか使用できない薄毛の治療薬のため、女性用の治療薬については、日々、研究されてきました。

「ミノキシジル」は、女性も使えるため、多くのクリニックで使用されています。

また、最近は女性の薄毛に一番効果的な薬は「プラセンタ」ではないかと言われています。

やはり、女性ホルモンを増やすのが一番の治療と言うことかもしれません。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

two + 18 =