インカベリーの食べ方!妊娠中は食べ過ぎに注意が必要?

インカベリーの食べ方!妊娠中は食べ過ぎに注意が必要?

今、ハリウッドセレブの間で注目を浴びているスーパーフード!インカベリーを知っていますか?

オーガニックでヘルシーな生活をしている方の間で流行り始めているのがインカベリーです。

その栄養価はとても高く、女性の強い味方でもあります。

インカベリーっていったい何者?食べ方は?など詳しく知らないという方が多いのでないでしょうか。

今回はそんなインカベリーの効果と食べ方についてご紹介します。

同時に妊娠中の方が控えた方が良い理由も説明したいと思います。

【スポンサードリンク】

インカベリーとは?

そもそもインカベリーとは何なのでしょうか。

皆さんの馴染みのある言い方をするとインカベリーとは「ほおずき」のことです。

名前の由来はインカ帝国のスーパーフルーツと言われ南米原産のものです。

古代インカ帝国で栽培され食べられていたためインカベリーと言われるようになったそうです。

インカベリーはゴールデンベリーやピチュベリーという言い方をされることもあります。

南米では実は何千年も健康フルーツとして食べられてきたそうです。

日本では西洋ほおずきと言われ、黄色果実でドライフルーツとして出回っています。

インカベリーの効果

インカベリーはなぜそんなに注目されているのでしょうか?

それはインカベリーの栄養価の高さと効果にあります。

インカベリーは低カロリーでミネラル、たんぱく質、ビタミンが豊富な食べ物です。

そのためアンチエイジングに効果があると言われています。

インカベリーのカロリーは100g当たり53kcalしかありません。

他にもカルシウムや鉄分、ポリフェノール、カロチノイドも含んでいます。

ポリフェノールなどを含んでいるため抗酸化作用がありしわやたるみの改善が期待できるため美容フードとして注目を集めているのです。

それ以外にもガンや糖尿病高血圧などの予防にも効果があると言われています。

忙しくても、ドライフルーツで手軽に摂取できるところも人気の理由のようです。

又、ダイエットをしている方にもお勧めです!

ビタミンの一種である、イノシトールという成分が脂肪の蓄積を防ぎコレステロールの値を減らす効果があると言われています。

食物繊維はレタスの30倍という言われており、腸内環境を整えて便秘解消にも繋がります。

【スポンサードリンク】

妊娠中は控えた方がいい?

そんな健康フードのインカベリーには気をつけなければいけないことがあります。

それは妊娠中の方は控えた方が良いということです。

インカベリーにはビタミンAが豊富に含まれており食べ過ぎると過剰摂取になります。

ビタミンAを多く含む食材は妊娠中は控えた方が良いとされており、赤ちゃんの奇形のリスクを高めると言われています。

ビタミンAそのものが危険なのではなく、ビタミンAも必要ではあるが過剰摂取は良くないということです。

食べる場合は過剰摂取にならないように気をつけることが大事です。

【スポンサードリンク】

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By さとう

    北海道にもスーパーフルーツがありますよ。オメガ7と言う不飽和脂肪酸を多く含む美肌果実です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

9 − 5 =