ホットヨーグルトの作り方と効果的なやり方!朝と夜どっちがいい?

ホットヨーグルトの作り方と効果的なやり方!朝と夜どっちがいい?

最近話題のホットヨーグルトをご存じですか?

クチコミでも効果が高いと評判で、便秘解消などの効果も期待出来る為、ダイエットにも最適と注目されていますよね。

ではそのホットヨーグルト、どうやって作るのか。ホットヨーグルトの作り方とホットヨーグルトダイエットのやり方、気になりませんか?

また、ホットヨーグルトの効果は朝と夜、どちらが効果がより高いのでしょうか。

より効果の高いやり方と作り方で、ホットヨーグルトダイエットを効果的に試してみましょう。

【スポンサードリンク】

ホットヨーグルトの作り方

まずホットヨーグルトの作り方からご紹介します。

ヨーグルトといえば冷蔵食品で売られていますし、冷やして食べる方が多いのではないでしょうか。

私もヨーグルトは冷やして食べる派でした。

けれど、冷たいものを食べ過ぎるとお腹を冷やしてしまい、胃腸の働きを低下させてしまうというマイナスの効果もあります。

つまり、冷えを悪化させてしまう恐れがある、ということですね。

そこで、温かいホットヨーグルトにすることで、内蔵を冷やすことなく、効果そのままに胃腸の働きも活発にしてくれます。

健康的にヨーグルトを食べることが出来、効果的に吸収することが可能になるのです!

ホットヨーグルトはその名の通り、ヨーグルトを電子レンジで温めるだけで作ることができます。

電子レンジで約1分温めるだけで完成です!

【使うもの】(材料)

  • 無糖プレーンのヨーグルト:100~120
  • 水:大さじ1
  • はちみつ:大さじ1(はちみつはお好みで調整してくださいね)

【作り方】

材料を全て、耐熱容器に入れ、ラップをせずに電子レンジで1分ほど温めます。

電子レンジは500~600W

加熱しすぎると乳酸菌が死んでしまい、効果がなくなってしまいますので注意が必要です。

ホットヨーグルトの効果

では次に、ホットヨーグルトがどのような効果を持っているかご紹介しますね。

一番の効果としては「便秘の解消」が挙げられます。

ヨーグルト自体、乳酸菌が豊富に含まれており、その乳酸菌により腸内環境を整えると評判の高い食べ物ですよね。

腸内環境が整えば、老廃物の排出もスムーズになる為、代謝もあがります。

その結果、ダイエットにも効果的で、尚且つ、老廃物をスムーズに排出してくれる為、肌荒れ防止にも効果を表します。

つまり、美肌効果も期待出来るのです!

また、生活習慣病の予防にもなるといわれています。

免疫力が上がるなどの効果も期待される為、免疫力を正常に保つことが可能となります。

更に、動脈硬化の原因となるコレステロールを下げる作用や、血糖値の上昇を抑えてくれ、脂肪を燃焼させ、メタボや糖尿病にも効果的といわれています。

【スポンサードリンク】

ホットヨーグルトを食べるタイミングは朝?夜?やり方は?

最後にホットヨーグルトの効果をより高めるやり方、いつ食べるのがいいか、についてご紹介します。

ヨーグルトというと朝食べるイメージが強いですよね。

けれどヨーグルトの効果を高める時間帯は、実は「夜」なのです!

腸にもゴールデンタイムと言われている時間帯があります。

その時間帯とは「22:00~2:00」の時間、夜~夜中のお肌のゴールデンタイムでも有名な時間帯ですね。

この時間帯は腸の働きが活発になる為、この、夜22:00~夜中2:00の間にヨーグルトを食べて寝ることで、寝ている間に腸内環境を整えてくれ、朝に老廃物を排出することが可能となります。

また、ホットヨーグルトには良質な睡眠得る為の効果も期待出来る為、夜食べることで睡眠にも役立ちます。

ちなみに食べる量は200gほどが理想的といわれています。

いくら体にいいと言われていても、食べ過ぎは太る原因にもなるので注意してくださいね。

いかがでしたでしょうか。

ホットヨーグルトダイエットの効果的なやり方で、体の中から綺麗になってしまいましょう!

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

7 − five =