一人暮らしの費用!社会人の平均はどのくらい?

一人暮らしの費用!社会人の平均はどのくらい?

不景気とはいえ、「憧れの一人暮らし!」何とか成功させたいですね。

一人暮らしの費用はいったいどれくらいかかるのでしょう。

社会人の平均賃金や、一人暮らし実践中の社会人の平均的な出費などを見てシミュレーションしてみましょう。

堅実に考えないと、親に泣きつく情けない結果になってしまいますよ。

【スポンサードリンク】

一人暮らしの費用で最初にかかる金額は?

さあ、一人暮らしを始めるぞ!と意気込んでも、最初にどんな費用がかかるのかさっぱりわかりませんよね。

ここでは、すべて全国平均で計算していますので、ぜひ参考にしてみてください。

◎全国一人暮らし家賃 6万5000円

・賃貸物件初期費用 敷金 2 礼金 2 仲介手数料 1 前家賃 1

・引っ越し業者料金 5万円

・家電製品 7万円

・生活雑費 5万円

物件下見の交通費などは入っていません。それでも56万円はかかるのです。

賃貸物件初期費用については、敷金、礼金を取らない大家さんも増えています。

空き室が増えていて、全国の大家さんもお困りの様子です。

今は一人暮らしを始めるねらい目かもしれませんよ。

一人暮らしの平均的な生活費は?

暮らし方や、お金をかけるポイントはひとりひとり違うものです。

ここでは、あくまでも平均的な生活費を見てみましょう。

・家賃 6万5000円

・光熱費 1万円

・食費 2万5000円

・携帯代 1万円

・通信費 5000円 インターネットなど

・交際費 2万円

・日用品 5000円

・雑費 2万円 衣類や美容院代

以上で16万円ですね、これは、最低必要な金額です。

社会人ともなると、冠婚葬祭での出費もあります。

そうなると、お給料の手取り額は18万~20万はないと、すぐに行き詰ってしまいそうです。

【スポンサードリンク】

一人暮らしを成功させるには

一人暮らしを成功させるには、理想を追いすぎないことです。

おしゃれな暮らしや、反対にキツキツな暮らしなど、無理をすると失敗します。

上記の平均的な生活費の中には、管理費、駐車場代、ガソリン代、駐輪場代などは入っていません。

個人差がありすぎるので、平均をとる項目にならないのです。

また、地域によって、物価の違いがあるので、家賃、食費や雑費に変動がありそうです。

東京だけを見てみると、家賃の平均は7万5000円と全国平均より、1万円も高くなります。

お給料は支給額から、保険や税金を控除されると、手取り額は3~4万円ほど少なくなります。

支給額が20万だと、手取りは16万ほど。

生活はかなりキツキツですね。

しかし、若い時の苦労は買ってでもしろ!と言います。

何とか自分でやりくり出来るようになったら、この先の人生で大いに役に立つことは、間違いありません。

今は、無駄なお金は使いたくないなどの理由で、実家を出ない若者が急増中です。

貯金や旅行などの趣味を謳歌するか、それとも実家を出て生活力を身につけるか、お給料明細とにらめっこをしながら、じっくりと考えてみてください。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

nine + 18 =