コーヒーは健康効果あるの?何杯以上飲んだらカフェイン中毒になるの?

コーヒーは健康効果あるの?何杯以上飲んだらカフェイン中毒になるの?

皆さんは普段どのくらいコーヒーを飲んでいますか?

良くコーヒーは健康に良いといいますが、コーヒーにはどのような健康効果があるのでしょうか。

またコーヒーにはカフェインが含まれています。

最近話題になったカフェイン中毒とはコーヒーを何杯飲むとなるのでしょうか。

今回はコーヒーの健康効果とコーヒーを何杯飲むとカフェイン中毒になるのかご紹介します。

【スポンサードリンク】

コーヒーの健康効果

コーヒーは健康に良いと聞きますが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか。

コーヒーにはさまざまな健康効果があると言われています。

【コーヒーの効果】

■肝機能を良くする効果

コーヒーを1日3杯から4杯飲んだ人とほとんど飲まない人を比較するとコーヒーを飲んだ人の方が肝機能が良くなったという研究結果があるそうです。

■高血圧の改善効果

■がんの予防効果

コーヒーに含まれるクロロゲン酸やクロロゲン酸を分解して出来るカフェ酸はがんの発生や繁殖を抑えるという研究結果が最近出ているそうです。

コーヒーを1日1杯以上飲む人は飲まない人に比べて肝臓がんで死亡する確率が飲まない人に比べて半分以下になるそうです。

■ダイエット効果

コーヒーに含まれるカフェインは医薬としてダイエット補助剤に使われていたりします。

カフェインには体内の脂肪を分解されやすい状態にさせてくれる成分が含まれており、運動する前などに飲むと良いそうです。

また食事の前に飲むと食欲を抑える効果もあると言われています。

またアメリカのハーバード大学の研究では1日コーヒーを4杯以上飲む女性はうつ病になるリスクを20%軽減できるという研究結果も出ているそうです。

このようにコーヒーにはまだまだ知られていない良い面がたくさんありそうです。

コーヒーをあまり飲まないという方もこれを機にコーヒー生活始めてみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】

コーヒーを何杯以上飲むとカフェイン中毒になる?

ニュースでも流れ話題になったのがカフェイン中毒です。

コーヒーには皆さんが知っている通りカフェインが入っています。

ではコーヒー何枚くらいでカフェイン中毒になるのでしょうか。

急性カフェイン中毒は短時間の間に大量のカフェインを摂取することで起きます。

一般的な成人で1時間に6.5mg以上の摂取で約半分の人に、3時間に以内に17mg以上摂取するとほぼ全員に起きる症状と言われています。

この数字はコーヒーに換算すると何杯になるのでしょうか。

大体ですが1時間以内にコーヒー3杯以上飲むとこの量になると言われています。

ですが、体重やその時の体調などで変わって来るのでこの数字はあくまで目安になります。

カフェイン中毒の症状としては落ち着きがなくなったり、急に不安になったり、腹痛、吐き気などを起こします。

人によってはパニックや痙攣する人もいるそうです。

コーヒーは結局1日何杯までなら適正?

結局、コーヒーは1日何杯が適正なのでしょうか?

コーヒーの含有量の目安は「100ミリあたりカフェイン60ミリグラム」が一般的な目安とされています。

そこから考えて、成人の場合

■コーヒーカップ1日4杯   (一杯カフェイン約100ミリ)

■マグカップ1日3杯   (一杯カフェイン約150ミリ)

■缶コーヒー1日3〜4本   (一杯カフェイン約120~150ミリ)

妊婦さんは1日200ミリまでと言われていますので、マグカップでいうと1日1杯と少しで上限になります。

気をつけなくてはいけないのは、カフェインが入っているのはコーヒーだけではない!ということです。

紅茶や玉露、緑茶やウーロン茶などにも入っています。

普段何気なくコーヒーやカフェイン入りの飲み物をたくさん飲んでいる方は少し意識して気をつけるようにしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

19 − 1 =