アボカドオイルのオメガ9脂肪酸とは?美容効果がスゴい理由!

アボカドオイルのオメガ9脂肪酸とは?美容効果がスゴい理由!

アボカドはよく食べていても、アボカドオイルはあまり普通のスーパーなどでは一般的ではないかもしれません。
しかし美容効果や健康にいいと美容マニアのあいだでは人気のオイルになります。

このアボカドオイル、実は「食べて」よし、「塗って」よし、「飲んで」よし!というミラクルオイルなのです。

アロママッサージではアボカドオイルは比較的有名ですが、実は家庭でも簡単に使用できちゃうんです。

今回はこのアボカドオイルの効果、オメガ9脂肪酸の美容効果をまとめてみました!

【スポンサードリンク】

アボカドオイルのオメガ脂肪酸てなに?

アボカドオイルは植物油になりますが、この脂肪酸とは、油脂に含まれる構成成分のことをいいます。

脂肪酸とは2つ種類があり

、常温で固形になる 「飽和脂肪酸(豚や牛などの動物性油脂)」

、液体のままの   「不飽和脂肪酸(植物オイル、魚油など)」

この2種類に分類されます。

液体のままの不飽和脂肪酸をさらに分類すると、「オメガ3脂肪酸」「オメガ6脂肪酸」「オメガ9脂肪酸」に分かれます。

アボカドオイルはこのなかのオメガ9脂肪酸に分類されます。

「オメガ3脂肪酸」の代表的な脂肪酸は「α・リノレン酸」「エイコサペンタエン酸」「ドコサヘキサエン酸」です。

「オメガ6脂肪酸」の代表的な脂肪酸は「リノール酸」で、この2つともヒトが体内で合成できない「必須脂肪酸」でもあります。

「オメガ9脂肪酸」の代表的な脂肪酸は「オレイン酸}でアボカドオイルの他にオリーブオイル、アルガンオイルも含まれます。抗酸化作用のあるオイルが多いですね。

そしてこのオメガ9脂肪酸にはパルミトレイン酸も含まれていて、馬油にも含まれている成分になります。

パルミトレイン酸は肌の脂質にも含まれている脂肪酸で、皮脂の分泌を促進したり、肌の再生に役立つ効果がありますので美肌効果が高い成分です。

【スポンサードリンク】

アボカドオイルの美容効果

アボカドオイルはビタミンA、B群、Eなど各種ビタミンや、たんぱく質、レシチン、ミネラル、ペクチンなどの栄養を豊富に含んでいます。

■塗る

保湿効果がとても高く、乾燥肌の方には潤いをもたらしてくれる効果やしわの改善があります。
冬場などは足のかかとやひじなどにもおすすめです。

また抗酸化作用のあるビタミンEで新陳代謝を促しシミの改善効果もあります。

傷ついた肌の修復をする作用があり、肌荒れや日焼け後の肌にも効果的です。

普段使用しているクリームなどに混ぜてもいいですし、そのまま塗っても大丈夫です。

■飲む

飲むといっても1日にスプーン軽く一杯程度で十分です。

アボカドオイルに含まれるオレイン酸には中性脂肪を減らしてくれる効果があります。悪玉コレステロール値を減少させる効果もあり動脈硬化の予防になります。

血液をサラサラにする作用がありますので、頭痛や肩こり、冷え性を改善するのにも効果的でおすすめです。

■食べる

食べるのが一番取り入れやすい方法かと思います。

サラダにかけてもいいですし、バケットにつけても食べやすいです。

アボカドオイルには食物繊維が豊富に含まれており、食物繊維は整腸作用がありますので便秘解消、肌荒れの改善効果があります。

アボカドは世界一栄養価の高い果物としてギネスにも認定されています。
そんなアボカドオイルですから栄養価が高いのはわかりますよね。

アボカドオイルは手軽に取り入れやすいので是非試してみて下さい。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

19 + 19 =