朝ランニングの朝食の時間はいつが効果的?

朝ランニングの朝食の時間はいつが効果的?

朝ランニング人口が急増していますね。

健康管理のため、ダイエットのためなど、朝ランニングを始める理由は人それぞれ違います。

朝食をとる時間によって、その効果が出やすくなるのはご存知でしょうか。

効果も出しながら、忙しい朝を効率よく乗り切る方法を考えてみましょう。

【スポンサードリンク】

朝ランニングと朝食の関係

朝の体内はどんな状態なのでしょうか。

朝起きたときは、昨夜の食事から何も入っていないので、糖分が空っぽなのです。

すると、通常は糖分をエネルギーとしている体は、別の物をエネルギーにしなければなりません。

その別の物と言うのが、溜まった脂肪なのです。

ダイエットの目的なら、朝食前に走った方効果的と言うわけです。

ただし、空腹なわけですから、とんでもなく長い時間や距離を走ってはいけません。

初心者なら、4kmを30分くらいで走るのが、からだに負担のない朝ランニングです。

また、走る前にコップ1杯ほどの水分を体に補充しておくことが重要です。

脂肪は単体では燃えず、燃えるためには水分が必要なのです。

では、朝食をとってから朝ランニングをすると意味はないのでしょうか。

そんなことはありませんよ、朝食から得た糖分はエネルギーとして消費され、溜まることはありませんし、何より、ランニング途中に低血糖で気分が悪くなる心配がありません。

【スポンサードリンク】

朝ランニングの効果と効率の良い朝の流れ

朝ランニングは健康管理に大変効果があります。

体力をつけて、免疫力を向上させることはもちろんですが、実は、精神衛生上とても良い効果を生むのです。

まず、朝は気持ちがいいと言うこと。

そして、その気持ちのいい朝に、走ったことで達成感を感じると言うこと。

すると、神経伝達物質が「気持ちいい」「達成感」=「幸福感」「やる気」と脳を刺激します。

朝ランニングをすると、気持ちも体も前向きな状態で、一日が始まるのです。

とは言っても、朝はやることがたくさんあって、ただでさえてんてこ舞いですよね。

どんな流れで、朝ランニングをスムーズに取り入れることができるでしょうか。

まず、朝起きてから朝ランニングに出発するまでの、20~30分間を有効に使いましょう。

起きてすぐに走りだすと、まだ体が委縮していて転んだり、寒い日などは心臓への負担が大き過ぎるため、体が「起きた」と認識するまで少し時間をおきましょうね。

暖かい飲み物を軽く飲む、ストレッチをする、朝食の準備をする、出勤の準備を整えるなどを、この20~30分間に済ませてしまいましょう。

体も温まり、コップ1杯ほどの常温の飲み物を飲むか、携帯して出発します。

最初は30分くらいで戻れる距離にしましょうね、無理をして続かなければ意味がありません。

戻ったらシャワーを浴び、朝食をとりましょう。

ダイエットのためにここで朝食を抜くと、昼食の糖分や脂肪分をすべて吸収してしまうため、逆効果になります。

また、食事を抜くと、「ケトン臭」と言う、ダイエット特有の酸っぱい臭いが発生してしまうので、女性は特に気を付けましょうね。

朝ランニングを生活に取り入れると、40~60分の早起きが必要になりますが、朝型の生活習慣にするとこで、引き締まった体とともに、精神面が安定することで代謝が良くなるので、お肌もツルツルになり、体力面についても、免疫力、抵抗力などの強化によって、風邪もひきにくくなります。

また、朝ランニングの効果としては、最初に感じるのは精神面の安定、次に体力面、そしてその後がダイエット感です。

脂肪の燃焼が体に表れるまで、2~3か月は必要です。

そこまで続けられたなら、強い精神力と体力によって代謝がUPしているので、ダイエット効果もどんどん表れてくること間違いなしです。

【スポンサードリンク】

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] 、朝 ランニングを始める理由は人それぞれ違います。 朝食をとる時間によって、その効果が 出やすくなるのはご存知でしょうか。 効果も出しながら、忙しい朝を効率 …(続きを読む) […]

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

19 − nine =